プロパンガス料金が高い本当の理由3つ

プロパンガス料金が高い本当の理由3つ

プロパンガス料金は都市ガスと比較すると、高い傾向があります。

これは紛れもない事実です。

そして、これには理由があります。

今日はプロパンガス料金が高い本当の理由をお話します。

プロパンガス料金が高い本当の理由

プロパンガス料金が高い理由について、

・配送コストがかかる
・人件費が割高
・プロパンガス自体が都市ガスよりも高い

このようなことが考えられます。
多くの方はそう考えてもおかしくないでしょう。

しかし、実際問題これらの要素はプロパンガス料金が高い本当の理由ではありません。

それではプロパンガス料金が高い本当の理由とは何でしょうか。

ガス会社が自由に価格を決めている

プロパンガスは自由価格です。

自由価格とは、その言葉どおり料金を自由に設定できるということです。

それに対し、電気や都市ガス、水道などは統制価格と言い、国や地方自治体などがある一定の料金体系に設定しています。

つまり、統制価格の公共サービスは勝手に価格を上げ下げすることができません。

しかし、自由価格であるプロパンガス料金は、各ガス会社の判断で自由に料金を高くしたり安くしたりできるのです。

ガス会社としてはもちろん利益を追求したいわけですから、何かしらを理由にガス料金を高くしたいわけです。

ガス会社同士でガス料金を高く設定している

上記に関連し、プロパンガス料金は自由価格ですから、ガス会社の本音としてはできるだけガス料金を高くしたいと考えます。

しかし、価格を高くしすぎるとお客様側としては安いガス会社に変更したいと思うのは当然です。

そこで、お客様の近隣のガス会社同士で、ある程度高い価格帯に揃えて設定するのです。

そうすることで、お客様はどのガス会社を選んでも結局は高いガス料金を支払うことになるのです。

給湯器やガスコンロなどの無償貸与分が上乗せされている

戸建住宅やアパートにプロパンガスを引き込む場合、ガス会社は自社のガスを契約してほしいと考えます。

そのためにはオーナー様(大家様)に対し、給湯器やガスコンロ、インターホン、ウォシュレットなどの設備を無償貸与という形で提供します。

そして、この無償貸与した設備のお金をガス料金に上乗せするのです。

つまり、無償貸与というのはタダで提供しているのではなく、それをエサに契約させ、さらにその分ガス料金に上乗せして回収するということです。

まとめ

プロパンガス料金が高い本当の理由は、このようにプロパンガスが自由価格であることを利用し、各種設備の無償貸与をすることが原因なのです。

この仕組み(カラクリ)を初めて知った方も多いでしょう。

知った以上はガス料金を安くするべくアクションを起こすべきです。

まちガスはお客様のプロパンガス料金を安くするお手伝いをします。

もちろん無料です。

どんな些細なことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。