プロパンガスと都市ガスの違い、それぞれのメリットとデメリットについて

プロパンガスと都市ガスの違い

皆さんがご使用になるガスはお住まいの住居によって大きく2種類に分けられます。
それはプロパンガス都市ガスです。

そもそもプロパンガスと都市ガスは何が違うのでしょうか?
今日はプロパンガスと都市ガスの違い、そしてそれぞれのメリット、デメリットについてお話します。

プロパンガスとは

プロパンガスとは

プロパンガスとはその名の通り、プロパンやブタンを主成分とするガスです。
LPGやLPガスとも呼びます。

これらを液化し、ボンベに充填(じゅうてん)したものをご家庭や店舗に設置し、供給します。
戸建住宅やアパートに設置されている灰色のボンベ、あの中にプロパンガスが入っているのです。
お祭りなどの屋台でもこのボンベをよく見かけます。

また、意外かもしれませんがプロパンガスで走っているタクシーも非常に多いのです。
この場合、ボンベは車の後部のトランクに収納されています。
荷物をトランクに入れる時に横になっているガスボンベを見たことがあるかもしれません。

プロパンガスは基本的にガスボンベにガスが充填された状態で運ばれ、そこから配管を通ってご家庭や店舗のガス器具に供給されます。
そして、ガスボンベのガスが無くなったら新しいガスボンベに交換されます。
この交換はガス会社が対応してくれるのが一般的です。

プロパンガスの特徴6つ

プロパンガスの特徴6つ

都市ガスとは

都市ガスとは

都市ガスとはメタンを主成分とする天然ガスです。
そして道路の下に設置されているガス管を通して各家庭や店舗などに供給されます。
プロパンガスとは異なり、ガスボンベはなく、水道のようにガス管が直接建物内に引き込まれます。

都市ガスの場合はご使用になる場所に都市ガスの配管があればそこから供給されます。
逆に言えば都市ガスの配管がない場合は、都市ガスを使用することはできません。
(ただし、費用はかかりますが、都市ガスの配管工事を行えば供給可能です。)

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

プロパンガスのメリットとデメリット

それでは早速プロパンガスのメリットとデメリットについてお話します。
以下見ていきましょう。

プロパンガスのメリット

・都市ガスと比べて熱量が高い

熱量が高いというのは簡単に言うと火力が強いことを意味します。
都市ガスの熱量は11,000kcal / ㎥なのに対し、プロパンガスのそれは24,000kcal / ㎥です。
つまり、プロパンガスは都市ガスの約2.18倍の熱量を持っています。
そのため飲食店など高火力の調理が必要な場合は、プロパンガスを使用する場合が多いです。

飲食店が安いガス会社に切り替えるメリット

飲食店が安いガス会社に切り替えるメリット

・料金が自由料金のため、交渉して安くすることができる

プロパンガス料金は各ガス会社が自由に決めることができるため、交渉次第では料金を安くすることができます。
もし、契約中のガス会社が高いと感じ、交渉がうまくいかない場合、別の安いガス会社に切り替えることもできます。

プロパンガスは自由料金制である

プロパンガスは自由料金制である

・災害時の復旧が早い

もし、地震などの災害が起きた場合、プロパンガスは都市ガスよりも早く復旧することができます。
ガスボンベと配管、ガス器具のチェックをし、問題がなければすぐに使用可能です。

プロパンガスが地震に強い理由

プロパンガスが地震に強い理由

・導入コストが安い

意外かもしれませんが、プロパンガスは初期の導入コストが安いです。
しかも多くの場合、ガス会社が負担してくれるため、導入コストは0円になります。

【注意】異常に安いプロパンガス料金は必ず値上げされます

【注意】異常に安いプロパンガス料金は必ず値上げされます

プロパンガスのデメリット

・都市ガスと比べて料金が高い

プロパンガスは都市ガスよりも料金が高い場合が多いです。
この原因には様々な要素が関わってきますが、多くの場合プロパンガス業界の体質的な部分が影響しています。

プロパンガス料金が高い本当の理由3つ

プロパンガス料金が高い本当の理由3つ

・料金が変動する

プロパンガス料金は変動します。
プロパンガス料金は自由料金のため、ガス会社が自由に料金を決められるのです。
実際のところ、ガス会社が急に値上げすると言うようなことが普通に行われています。

都市ガスのメリットとデメリット

都市ガスにもメリットとデメリットがあります。

都市ガスのメリット

・プロパンガスと比べて料金が安い

都市ガスはプロパンガスと比較し、安いのが一般的です。
ポイントはガスの供給方法にあります。
都市ガスの場合、一度ガスの配管設備を完了すると、その後はシンプルにガスを供給するだけになります。
(もちろん定期的なメンテナンスはあります。)
一方プロパンガスの場合、ガスボンベの配送や交換作業、設置場所ごとのメンテナンスなどの人的な手間がかかり、必然的にこの部分だけでもコスト差があります。

・料金変動がない

都市ガスは公共料金です。
つまり都市ガス料金は政府が認可するのです。

日本の公共料金
日本行政における公共料金とは、総務省統計局が公表する消費者物価指数の分類として、価格を(1)国会や政府が決定するもの、(2)政府が認可するもの等、(3)地方公共団体が決定するものをいう。

電気・都市ガス・水道

・電気料金(東京電力を始めとする電力各社)
・都市ガス料金(東京ガスを始めとする都市ガス各社)
・水道料金(各地方自治体の水道局)

Wikipediaより引用

都市ガスのデメリット

・熱量が低い

都市ガスの熱量はプロパンガスの約半分になります。

・災害時の復旧が遅い

地震などの災害時には都市ガスの復旧は時間がかかります。
都市ガスは配管や供給設備などのネットワークが複雑なため、供給エリアごとにガスの漏洩検査やガス管の修理、設備点検が必要なためです。

・導入コストが高い

都市ガスを引き込むためにはガス本管からガスの供給場所までの配管工事が必要です。
この費用は自己負担になり、また、本管からの距離によって異なるため一概には言えませんが一般的には10~20万円、高い場合だと50万円を超える場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

今日はプロパンガスと都市ガスの違いについてお話しました。
まちガスはお客様のプロパンガスを安いガス会社に切替えるお手伝いをします。
もちろん料金は無料です。

プロパンガスは自由料金であり、ガス会社が自由に料金を設定することができます。
そして、プロパンガス会社はお客様が自由に選べるのです。

プロパンガス料金が高いと感じている方、安いガス会社に切り替えたい方はお気軽にまちガスまでお問い合わせください。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

プロパンガスとオール電化どっちがオススメなのか

プロパンガスとオール電化どっちがオススメなのか

 

 

error: Content is protected !!