プロパンガスと都市ガスの違い、それぞれのメリットとデメリットについて

プロパンガスと都市ガスの違い

お客様がお住まいの住居によって使われているガスは大きく2種類に分けられます。

それはプロパンガス都市ガスです。

そもそもプロパンガスと都市ガスは何が違うのでしょうか?

今日はプロパンガスと都市ガスの違い、そしてそれぞれのメリット、デメリットについてお話します。

プロパンガスとは

プロパンガスとは

プロパンガスとはその名の通り、プロパンやブタンを主成分とするガスです。
LPGやLPガスとも呼びます。

これらを液化し、ボンベに充てんしたものをご家庭や店舗に設置し、供給します。

戸建住宅やアパートに設置されている灰色のボンベ、あれにプロパンガスが入っているのです。

また、お祭りなどの屋台でもこのボンベをよく見かけます。

都市ガスとは

都市ガスとは

都市ガスとはメタンを主成分とする天然ガスです。

そして道路の下に設置されているガス管を通して各家庭や店舗などに供給されます。

プロパンガスとは異なり、ガスボンベはなく、水道のようにガス管が直接建物内に引き込まれます。

プロパンガスのメリットとデメリット

次にプロパンガスのメリットとデメリットについてお話します。

プロパンガスのメリット

・都市ガスと比べて熱量が高い

・料金が自由料金のため、交渉し、安くすることができる

・災害時の復旧が早い

・導入コストが安い

プロパンガスのデメリット

・都市ガスと比べて料金が高い

・料金が変動する

都市ガスのメリットとデメリット

都市ガスにもメリットとデメリットがあります。

都市ガスのメリット

・プロパンガスと比べて料金が安い

・料金変動がない

都市ガスのデメリット

・熱量が低い

・災害時の復旧が遅い

・導入コストが高い

まとめ

いかがでしたか?

今日はプロパンガスと都市ガスの違いについてお話しました。

まちガスはお客様のプロパンガスを安いガス会社に切替えるお手伝いをします。
もちろん料金は無料です。

プロパンガスは自由料金であり、ガス会社が自由に料金を設定することができます。

そして、プロパンガス会社はお客様が自由に選べるのです。

プロパンガス料金が高いと感じている方、安いガス会社に切り替えたい方はお気軽にまちガスまでお問い合わせください。