【賃貸】引越し先がプロパンガスの場合の注意点

【賃貸】引越し先がプロパンガスの場合の注意点

今日は引越し先が賃貸住宅で、プロパンガスの場合の注意点についてお話します。

まず最初に

引越し先がプロパンガスの供給エリアの場合、まず最初に、家に設置してあるガスボンベやガスメーターに記載してあるガス会社とその連絡先をチェックしましょう。
ただし、ここで何も考えずにそのガス会社に連絡してはいけません。
そのガス会社のガス料金が高いのか、安いのかを調べる必要があります。
前の居住者の使用していたガス会社をそのまま使用する必要はないのです。

なお、ガスボンベやガスメーターがない場合もあります。
その場合はガス会社を自分で選ぶところから始まります。

料金が安いガス会社を探す

次に、お住まいの供給エリアのプロパンガス会社を探しましょう。
ただし、ここで注意が必要です。
不動産会社や引っ越し会社などの勧めてくるガス会社を何も考えずに選んではいけません。
彼らは裏で紹介料などのバックマージンをもらっているため、その分が居住者様のガス料金に上乗せされるのです。
また、最初だけ安くして徐々に値上げをしてくる悪質なガス会社もいます。
中には強引な営業で無理やり契約をさせようとする場合もあります。

このように居住者様がプロパンガスの事をあまり知らないという弱みに付け込んでくるガス会社から身を守るために、まちガスにご相談ください。
まちガスはお客様の地域で最安値のガス会社を無料で紹介します。
悪質な業者は徹底排除しており、強引な営業も一切ありません。
まちガスグループでは、お客様の利益を第一に考えている優良ガス会社が適正な料金を提案します。
そこで、居住者様に準備していただきたい事があります。
それを以下に述べます。

引越し先が戸建住宅の場合

引越し先が戸建て宅の場合、大家さんにプロパンガス会社変更の許可を得てください。
プロパンガス会社はその家の居住者様ではなく、所有者様の許可がないとガスボンベやガスメーターの設置ができません。
物件の所有者様の許可があればスムーズにガス会社の切り替えができます。

また、場合によってはガスコンロや給湯器などの設備を無償設置することもできます。
物件のオーナー様にはガス料金が安くなること、給湯器などの設備を無償貸与契約で新しくすることができることなどのメリットをお話してみてください。

引越し先がアパートの場合

引越し先がアパートの場合も、プロパンガス会社を切り替えるためには大家さんの許可が必要です。
ただし、戸建とは異なり、ガス会社を切り替える際には全ての部屋をまるごと変更することになります。
自分の部屋だけ安いプロパンガス会社に切り替えるということはできないので注意してください。

アパートのオーナー様にはガス料金が安くなることで、入居者の満足度が上がり、入居率アップにつながるメリットがあります。
また、無償貸与契約で給湯器などの設備を設置する場合は、物件の設備設置コストが大幅に削減できます。

引越し先がマンションの場合

引越し先がマンションの場合、もちろん可能性はゼロではありませんが、安いガス会社への切り替えは非常に困難です。
マンションがワンオーナーの場合は、オーナー様が許可をして、全部屋を切り替えることに問題がなければ変更可能です。
しかし、かなり大掛かりな工事になるため、あまり現実的ではありません。

マンションが分譲の場合、さらに難しくなります。
各部屋のオーナー様が理事会を通してOKを出せば変更可能ですが、ほぼ不可能だと言わざるを得ません。

まとめ

賃貸物件の引っ越し先がプロパンガスの供給エリアの場合、まずは前の居住者の使用していたガス会社をチェックし、まちガスに問合せましょう。
くれぐれも不動産会社や引っ越し業者などの言われるがままにガス会社と契約してはいけません。
高いガス料金をふっかけられたり、最初は安くても徐々に値上げされたり、料金トラブルになるケースが多いです。

プロパンガス会社は選べるため、前の居住者と同じガス会社と契約する必要はないということをしっかりと覚えておいてください。
そして、安いプロパンガス会社はまちガスにお問い合わせいただければ無料で紹介できるのです。
まちガスはお客様の味方です。
プロパンガスのことでお困りなら今すぐまちガスにお問い合わせください。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。