引っ越し先でのプロパンガスの契約方法は?ガス会社の選び方のコツも紹介

 

記事のポイント
  • 引っ越し先のプロパンガス会社をそのまま契約する必要はない
  • 賃貸物件の場合は所有者であるオーナーや大家さんの許可が必要
  • 自ら探したプロパンガス会社と契約する前に契約内容等をしっかり確認する

引っ越しをすると、引っ越し先ではガス、電気、水道の開栓手続きをしなければなりません。
入居者自身でやることがほとんどですが、アパートやマンションなどの集合住宅では管理会社や大家さんがする場合など、様々なケースがあります。

中でもガスにはプロパンガスと都市ガスの2種類があり、引っ越した先で都市ガスからプロパンガスへ乗り換える場合や新しくプロパンガスを契約する際には、物件の種類によって対応が異なるため注意が必要です。

そこで今日は引っ越し先でプロパンガスを使う場合、契約するときのポイントや注意点についてまとめてみました。

まず最初にやるべきこと

引っ越し先がプロパンガスの供給エリアの場合、まず最初に、家に設置してあるガスボンベやガスメーターに記載してあるガス会社とその連絡先をチェックしましょう。
ただし、ここで何も考えずにそのガス会社に連絡してはいけません。

そのガス会社のガス料金が高いのか、安いのかを調べる必要があります。
前の居住者の使用していたガス会社をそのまま使用する必要はないのです。

なお、ガスボンベやガスメーターがない場合もあります。
その場合はガス会社を自分で選ぶところから始まります。

物件別のプロパンガス契約方法

これまでは基本的なプロパンガスの契約方法と注意点などをお話しました。

ここからは引っ越し先の物件による契約方法をみていきましょう。

新築一戸建(所有)に引っ越し

所有者がご自身で新築の戸建住宅へ引っ越す場合、ご自身で好きなプロパンガス会社を選ぶことができます。
そのため、お住まいのエリア内でプロパンガスを供給しているガス会社からお好きな会社を選んで契約をするだけです。

以下にあるのはガス会社探しから契約までのステップをまとめたものになります。

  1. プロパンガス販売店を探す
    お住まいの地域がプロパンガスの供給エリアであることがわかったら、プロパンガス販売店をいくつか探してみましょう。
    目安として最低でも3~4社をピックアップし、それぞれガスの料金体系や契約内容や条件を調べます。インターネットを使えばガス販売店の公式HP等で簡単に見つけることができます。
    ただし、プロパンガスは料金を開示する義務がないので、HPなどに掲載されていない場合は直接電話やメール、LINEなどで問い合わせてみましょう。

    プロパンガス販売店を探すときの注意点

    引っ越しのときには、間に必ず不動産会社や引っ越し会社が絡みます。

    引っ越しでプロパンガス販売店を選ぶ際には、不動産会社や引っ越し会社などの勧めてくるガス会社を何も考えずに選んではいけません。
    彼らは裏で紹介料などのバックマージンをもらっているため、その分が居住者様のガス料金に上乗せされるのです。

    また、最初だけ安くして徐々に値上げをしてくる悪質なガス会社もいます。
    中には強引な営業で無理やり契約をさせようとする場合もあります。

  2. プロパンガス販売店に具体的な見積もりをもらう
    続いて、選んだプロパンガス会社に連絡をして実際にガス料金がいくらになるのか、具体的に見積もりを取ってもらいます。
    しかし、そのときに提示されたガス料金をそのまま鵜呑みにしてはいけません。というのも、はじめから安い料金を提示しておいて、契約を勧誘します。
    その後、契約者には何も告げずに半年から1年後に平気で値上げしてくる悪質なプロパンガス会社が中には存在します。

    それを防ぐためにも、石油情報センターが公表している「地域のLPガス価格」を参考にして、引っ越し先の地域ではいくらが適正なのかを確認した上で、慎重に比較検討しましょう。

    また、新築の物件でプロパンガスを契約する際は、建物が完成する前にプロパンガス販売店を決めておくことをおすすめします。

    これにはプロパンガス業界における独特の契約方法が関わっているためです。
    詳しくは参考の記事を見てください。

    新築住宅のプロパンガス契約について

    新築住宅のプロパンガス契約について

  3. 契約内容を確認して契約
    最後に、プロパンガス販売店からもらった見積もりに納得できたら契約内容を確認し、問題なければ契約へと進みましょう。プロパンガスの契約において、契約内容の確認は特に重要です。

    なぜなら、プロパンガスにおけるトラブルではダントツでガス販売店とのトラブルが多いからです。
    契約してからガス販売店とトラブルになるよりは、少々手間がかかり面倒くさいかもしれませんが、最初に契約内容をしっかり確認しておくことをおすすめします。

以上が契約までの流れです。
もちろん自己所有であれば中古の戸建住宅でも同様のステップで問題ありません。

ただし、前の住人が使っていたプロパンガス販売店をそのまま使うのではなく、ガス会社をご自身で探すことから始めることをおすすめします。

そして、ガス販売店との契約が完了したら実際にプロパンガスを使用する準備をしましょう。
ガスの開栓の流れは以下の記事を参考にしてください。

プロパンガスの開栓手順とは?

プロパンガスの開栓手順とは?

賃貸の戸建住宅に引っ越し

引っ越し先が「賃貸の」戸建住宅の場合、物件の所有者=大家さんにプロパンガス会社変更の許可を得てください。
プロパンガス会社はその家の居住者様ではなく、所有者様の許可がないとガスボンベやガスメーターの設置ができません。

物件の所有者様の許可があればスムーズにガス会社の切り替えができます。

また、場合によってはガスコンロや給湯器などの設備を無償設置することもできます。
物件のオーナー様にはガス料金が安くなること、給湯器などの設備を無償貸与契約で新しくすることができることなどのメリットをお話してみてください。

賃貸の戸建住宅の場合は、入居者が複数ではなく1世帯のみの場合が多いので、比較的ガス会社の変更が通りやすい傾向にあります。

ただし、現在のガス会社との契約内容や契約期間によってはガス会社変更自体がマイナスになってしまう可能性もあるので、大家さんとしっかり話し合って確認しましょう。

中古住宅のプロパンガスについて

中古住宅のプロパンガスについて

賃貸アパートやマンションに引っ越し

引っ越し先がアパートやマンションの場合も、プロパンガス会社を切り替えるためには大家さんの許可が必要です。
ただし、戸建とは異なり、ガス会社を切り替える際には全ての部屋をまるごと変更することになります。
自分の部屋だけ安いプロパンガス会社に切り替えるということはできないので注意してください。

アパートやマンションのオーナー様にはガス料金が安くなることで、入居者の満足度が上がり、入居率アップにつながるメリットがあります。
また、無償貸与契約で給湯器などの設備を設置する場合は、物件の設備設置コストが大幅に削減できます。

一方マンションの場合、もちろん可能性はゼロではありませんが、安いガス会社への切り替えは非常に困難です。
マンションがワンオーナーの場合は、オーナー様が承諾して、全部屋を切り替えることに問題がなければ変更可能です。
しかし、かなり大掛かりな工事になるため、あまり現実的ではありません。

マンションが分譲の場合、さらに難しくなります。
各部屋のオーナー様が理事会を通してOKを出せば変更可能ですが、ほぼ不可能だと言わざるを得ません。

集合住宅や賃貸物件でのプロパンガス切替のポイント

集合住宅や賃貸物件でのプロパンガス切替のポイント

上述の通り、アパートやマンションといった集合住宅でのプロパンガス切り替えには、自分一人ではできません。
しかし、せっかく引っ越したのにプロパンガス料金が高いのではどうしようもありません。
そこで以下のポイント押さえて大家さんや管理会社、不動産オーナーさんへプロパンガス切替を相談してみましょう。

  • お住まいのエリアの適正料金や相場を調べる
  • ガス料金が高いという思いを大家さんにしっかり伝える
  • ガス会社の切替に手間や負担はかからないことを伝える
【必見】アパート入居者が安いガス会社に変更する方法

【必見】アパート入居者が安いガス会社に変更する方法

プロパンガス会社変更による大家さんのメリット3つ

プロパンガス会社変更による大家さんのメリット3つ

優良なプロパンガス会社を探す方法

ここからは優良なプロパンガス会社を探す方法をお伝えします。
ご自身で探す上で、料金体系を必ず確認することがポイントになります。

料金設定が明確であるか

プロパンガスは規制料金のある都市ガスと違い、自由料金制のためガス会社ごとに料金設定がバラバラです。
さらに、同じガス会社でも契約者ごとに値段が違う場合もあります。

月々請求されるガス代は、基本料金とガスの使用量に応じた従量料金によって構成されています。
1㎡の料金を従量単価といいますが、この単価を公表していない不透明な料金設定の会社も数多く存在します。

よってこれらの料金設定について、しっかりと説明してくれる会社は信頼できると言えます。

値上げや値下げに関する説明が明確か

自由料金制のプロパンガスは、契約後であっても消費者の承諾を得ずに料金を変更することが可能です。
そのため契約時に提示された料金が安かったとしても、ちゃんとした通知をせずに徐々に値上げを行う会社もあります。

このような不当な値上げを行う会社を避けるため、ガス会社に値上げや値下げに関する規則があるか、そして料金変更の事前通知が行われるかを確認するようにしましょう。

料金設定に関する規則が設けられており、料金の変更がある場合に事前に通知をしてくれるような会社は優良であると言えます。
合わせて契約書もしっかりと確認しましょう。

契約内容が明確であるか

毎月使用するガスについての料金体制はもちろんですが、それ以外の契約内容についても明確にされているかしっかりと確認するようにしましょう。
特に、解約時にトラブルになりやすい設備の所有権解約時の違約金について明記されているかは重要です。

プロパンガスの違約金について

プロパンガス会社変更で違約金が発生する?

サポート体制が整っているか

もしいきなりガス機器が故障したり、不具合が起きた場合にすぐにガス会社が対応を行ってくれないと困りますよね。
そういったサービスの充実度も、ガス会社を選ぶ際に重要なポイントとなります。

緊急時の素早い対応や日常的なガス機器のメンテナンスなど、しっかりとしたサポートを行ってくれる会社を選ぶとより安心と言えます。

プロパンガス切替相談サービスを利用する

優良なプロパンガス会社を探すときは、プロパンガス切替相談サービスを利用することをおすすめします。

まちガスでは、適正価格でガスを提供し、管理体制などもしっかり整った、厳選されたガス会社のみを紹介しています。
もちろんご相談は無料なので、お気軽にご連絡ください。

まとめ

賃貸物件の引っ越し先がプロパンガスの供給エリアの場合、まずは前の居住者の使用していたガス会社をチェックし、まちガスに問合せましょう。

くれぐれも不動産会社や引っ越し業者などの言われるがままにガス会社と契約してはいけません。
高いガス料金をふっかけられたり、最初は安くても徐々に値上げされたり、料金トラブルになるケースが多いです。

プロパンガス会社は選べるため、前の居住者と同じガス会社と契約する必要はないということをしっかりと覚えておいてください。
そして、安いプロパンガス会社はまちガスにお問い合わせいただければ無料で紹介できるのです。
まちガスはお客様の味方です。
プロパンガスのことでお困りなら今すぐまちガスにお問い合わせください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!