プロパンガス会社変更による賃貸物件の大家様のメリット3つ

記事のポイント
  • プロパンガス会社変更でガス料金が安くなり入居率が向上する
  • 入居率の向上によりアパートやマンションの価値が上がる
  • 信頼できるプロパンガス会社選びが大事

アパートのオーナーなどの大家様にとって、安いプロパンガス会社への切り替えはどのようなメリットがあるのでしょうか。

一見プロパンガス(LPガス)料金が安くなることは、賃貸物件を所有する大家様にメリットはないように思われがちですが、そうではありません。

今日はガス会社変更による大家様のメリットについてお話します。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

ガス会社変更による大家さんのメリット

ガス会社変更による大家さんのメリット

マンションやアパートのオーナー様にとって、安いプロパンガス会社の変更は様々なメリットがあります。
ガスを使用する人は居住者様なので、オーナー様は特に何の利益もないように思われます。

しかし、そうではありません。
オーナー様が安いプロパンガス会社に変更することで、オーナー様に様々なメリットがあるのです。
以下にその説明をします。

給湯器やガスコンロの無償設置

マンションやアパートの大家さんのご判断で、安いガス会社へ切替えようとした場合、新しいガス会社が、給湯器やガスコンロ、場合によってはエアコン、ウォシュレットなどの設備を無償設置してくれる場合があります。

厳密には無償ではなく、毎月のガス代金にその分の費用が上乗せされて10~15年かけて支払っていく仕組みになっています。
ですので、プロパンガス会社との解約時には大家さんが設備を買い取る契約です。
状況によっては、プロパンガス会社を切替時に新しいガス会社が一時的に負担してくれるケースもあります。

これらの設備は経年劣化するので、ある程度設備が古くなってきたら買い換える必要が出てきます。
また、これらの設備は最初から備わっているものなので、故障や古くなったら入居者負担ではなく、不動産オーナーが負担します。

不動産の設備は経年劣化によって定期的に故障するものなので、そのタイミングでプロパンガス会社を変更するとメンテナンスにかかる費用をまるごと抑えることができるのです。

これらの購入、工事費用は非常に高いため、大家さんにとっては非常にメリットが大きいと言えます。

さらに、毎月の上乗せされたガス代金の支払いは大家さんが支払うものと思われがちですが、そうではありません。
毎月のガス代金の支払いは、そこに賃貸で入居している入居者が負担します。
これにより物件の利回りも向上します。

入居率&更新率の向上

とはいえ、マンションやアパートの入居者様にとって、

「プロパンガス料金が高いこと」

が悩みのタネです。

つまり、このプロパンガス料金が安くなれば、入居者様の負担も減り、その物件が更新されやすくなります。
入居前であればプロパンガス料金が安いという条件が魅力的になりますから、必然的に入居率が上がります。
大げさな話ではなく、ガス代が安くなれば入居者様にとっての金銭的メリットが出てくるのです。

ガスは日常生活において必要不可欠なエネルギーです。
毎月かかる固定費が下がれば家計も大助かりです。

それは入居者様だけではなく、契約更新という形でオーナー様にもメリットになるのです。

万が一、市況が変化しても毎月のランニングコストを下げておくことで、マイナスの影響をあまり受けずにアパート経営を続けることができます。

今こそ、ランニングコストを見直すタイミングです。

これを優良なプロパンガス会社へ変更することで実現できるのです。

物件の価値の向上

安いプロパンガス料金に変更することで、給湯器やガスコンロなど各種設備の無償設置、入居率および更新率の向上、それらが最終的に物件の価値を高めます。

周囲の物件と比較し、プロパンガス料金が安ければ入居を検討している人々からすれば魅力的に見えます。

また、空室率が下がれば物件の収益率、利回りが改善されます。

つまり、家賃を下げずに利益を上げることができるのです。

アパートやマンション経営は物件の価値を維持するからこそ、安定して長く続けられるものです。
そのためにも、入居者目線になってプロパンガス料金の見直しからやってみましょう。

プロパンガス会社変更の手順

プロパンガス会社を変更する場合、まずはまちガスへお問い合わせしましょう。
直接のお電話またはメールでも対応しています。

問い合わせの際、現在ご所有の物件の情報(物件種別、築年数、ガス使用量、直近のガス料金、現在契約しているガス会社等)を教えていただきます。
それを踏まえて、まちガスの方で最適なガス会社を選び、現地調査の手配をします。
調査に問題がなければ、具体的な契約プランやサービスを提案させていただきます。

ただし、現ガス会社との契約が10年未満の場合は、無償設置分の設備の償却が済んでいない可能性が高いため、多額の解約金や違約金を支払わなければなりませんので注意しましょう。
新しいガス会社が負担してくれる場合もありますが、その可能性は薄いため、その点は理解しておく必要があります。

一方で、これからアパートの経営を考えているあるいは計画している方は計画段階でも構いませんので物件情報を頂ければ、物件が存在するエリア内で複数社の一括見積もりや最安のガス会社の紹介をさせていただきます。

ご希望のサービスなどもありましたら、できる限り対応できるよう最善を尽くしますので、まずはまちガスへお気軽にお問い合わせください。

入居者目線で選ぶ

アパート経営は入居者がいなければ成り立ちません。
入居者目線に立ち、安く信頼のできるプロパンガス会社へ変更をしましょう。

プロパンガス会社は都市ガスと違い、エリアや建物ごとに担当者がいます。
その担当者もたくさんの大家さんや不動産オーナーさんとの付き合いがあります。
そのため、プロパンガス会社の担当者も不動産屋さんのようにマンションやアパート経営に詳しい方も多いです。

マンションやアパート経営の参考になるお話もできるのかもしれないので、ガス会社変更は大きなメリットです。

まちガスへお問い合わせいただければ、大家さんのためのベストなガス会社をご紹介することも可能です。
収益性があるか、入居者にとって良いものかを軸に厳選したプロパンガス会社を選び、切り替えサポートまですべて対応します。

集合住宅には集中プロパンもおすすめ

集合住宅には集中プロパンでガスの供給をすることもおすすめです。

集中プロパンには以下のようなメリットがあり、アパートやマンションでプロパンガスを契約する場合は検討することをおすすめします。

・各部屋に安定したガスの供給ができる
・集中管理システムにより安全が確保されている
・コスト削減が可能

集中プロパンとは、プロパンガスを一箇所に集める設備を集合住宅などの建物のそばに導入し、その設備からガスの導管を使用してガスを各部屋へ供給する方法です。
これは供給方法だけで言えば、都市ガスと似ています。

各集合住宅や戸建住宅にプロパンガスのガスボンベを設置してガスを供給する個別プロパンに比べ、まとまって管理することができるため、ガス会社も安全を確保しやすくなります。
また、ガスボンベを毎回交換することもないため、その分の人件費が浮き、ガス料金の全体的な削減に繋がります。

これは集合住宅ならではのメリットといえるので、プロパンガス会社変更を検討している大家様は合わせて見てみると良いでしょう。

個別プロパンと集中プロパンについて

集中プロパンと個別プロパンについて

まとめ

いかがでしたか?

オーナー様がプロパンガス料金の安いガス会社に変更することで、入居者様や入居検討社様はもちろん、それが最終的にオーナー様への利益となるのです。

さらには物件自体の価値も高まり、まさに一石三鳥と言っても過言ではありません。

まちガスにお問い合わせいただければ、アパートのオーナー様にとって最大限の魅力となる提案をさせていただきます。

オーナー様によって状況はそれぞれですので、まずはお気軽にご相談ください。

信頼できるプロパンガス会社を選ぶコツ

信頼できるプロパンガス会社を選ぶ4つのコツ

プロパンガス料金を安くするために必要な条件とは

プロパンガス料金を安くするために必要な条件

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!