プロパンガスにおける無償貸与契約について

プロパンガスにおける無償貸与契約について

まちガスにお問い合わせ頂く際、お客様がご契約中のプロパンガス会社との契約内容についてご確認頂きます。
そして、契約書をチェックしていただくと、

「給湯器の無償貸与契約という項目がある」
「残債がまだ残っている」

というような場合があります。
今日はこの無償貸与契約についてお話します。

無償貸与契約とは

ガス会社との契約時に、給湯器やガスコンロなどを無償で設置してもらう場合あります。
その際、ガス会社はお客様との間に「無償貸与契約」という契約を締結します。

この無償貸与契約とは、簡単に言うと、

「給湯器やガスコンロを無償で設置してあげる代わりに、もし途中で解約したら残債分を精算するか違約金を支払ってくださいね。」

という内容のものです。
無償貸与されるものは給湯器やガスコンロが一般的ですが、アパートのオーナー様などの集合住宅の場合、インターホンやエアコン、ウォシュレットなどもあり、多岐にわたります。
簡単に例えるなら、携帯電話会社との2年の契約縛りのようなものです。

これはつまり、お客様に他のガス会社への切り替えをさせないように契約的に拘束するというものです。
ガス会社の思惑としては、給湯器やガスコンロの無償貸与契約期間中に、ガス料金でそれらの分を回収し、契約を続けさせたいのです。
給湯器もガスコンロも実際のところタダではありません。
その分が上乗せされられているのです。

また、無償貸与契約は戸建ての新築時だけではなく、中古住宅の購入時のガス会社との契約時にも提案されることがあります。

残債が残っている場合、どうしたら良いのか

残債が残っている場合、どうしたら良いのか

契約中とのガス会社の契約内容を確認したが、残債が残っていたり、違約金が発生すると分かったとします。
この場合、具体的にどうしたら安いガス会社へ切り替えることができるのでしょうか?

以下具体的に解決方法を見ていきましょう。

残債を精算する

無償貸与契約は長期間に設定されている場合が多く(だいたい10年~15年)、まちガスにお問い合わせいただくまでに何年もそのガス会社を利用しているお客様も少なくありません。
このような場合、あと数年(数万円)、で無償貸与契約の残債を完済できる場合があります。

その場合は、一度にその残債分を精算することで、新しいガス会社に切り替えることができます。
お客様の中には、

「残債分を精算するまではこのままの契約で利用したい」
「違約金など支払いたくない」

という方もいらっしゃいます。
しかし、この場合も一日も早く安いガス会社へ切り替えたほうがお得な場合が多いです。

まちガスにお問い合せいただければ、どちらがどれだけお得なのか、分かりやすく説明させていただきます。
具体的な金額が分かれば、お客様も納得してプロパンガス会社を切り替えることができます。

新しいガス会社に残債分を精算してもらう

安いガス会社へ切り替えようとしていたが、残債が残っていて切り替えられない、と諦める方がいますが、必ずしも切り替えられないわけではありません。
残債の金額などによっては、新しいガス会社がその残債分を精算してくれる場合があります。

この場合は、契約中のガス会社との無償貸与契約の期間が残りわずかであること、残債金額が高額でないことが条件となる場合が多いです。
新しいガス会社へ切り替えられるかどうかは、お客様の契約状況などによりますので、諦めずにまずはまちガスまでお問い合わせください。
まちガスはお客様の味方です。

無償貸与契約自体が無効となる場合がある

ガス会社との無償貸与契約に関して、

「全く身に覚えがない」
「そんな説明受けていない」
「今日はじめてその存在を知った」

という場合があります。
まちガスではお客様と契約中のガス会社との契約に立ち会ったわけではないですが、これまでのプロパンガス業界ではこのように、お客様に十分な説明を行わずに無償貸与契約を結ばせる悪質なガス会社がいます。
このような場合、その無償貸与契約自体が無効になる場合があります。

まとめ

給湯器やガスコンロなどの無償貸与契約があった場合でも、場合によっては安いガス会社へ切り替えることができます。
世の中タダより高いものはないとはよく言いますが、まさにこれがいい例です。
何かを無償で設置すれば、それを何か他の手段で回収するのは当然といえば当然のことです。

プロパンガス会社との契約においては、それがガス料金という形で回収されるのです。
逆に言えば、

・給湯器やガスコンロの無償設置→ガス料金が高くなる
・無償設置なし→ガス料金が安くなる

とも言えます。
ガス会社との契約ではこれらの点をよく考えてから契約しましょう。