プロパンガス料金の節約術18選

プロパンガス料金の節約術18選

今日のテーマはズバリ「プロパンガスの節約術」です。
プロパンガスを利用している人は必ずガス料金がかかります。
これは避けて通れません。
ただし、そのプロパンガス料金は節約することができます。
しかもその方法は一つではありません。
以下にそのテクニックをお話します。

冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

毎月のガス代を確認しよう

プロパンガス料金の節約方法を知る前に、まずはご自身の毎月のガス代を確認しましょう。

プロパンガスの料金は、基本料金とガスの使用量に応じて変わる従量料金が加算されて決まります。
また、各ご家庭状況や、お住まいのエリアによってもプロパンガスの料金は変わるものです。

さらにプロパンガス料金は販売店によっても料金システムが異なるため、契約中のプロパンガス会社から発行される請求書を確認してみましょう。

プロパンガスの適正価格とは?価格はどう推移している?

プロパンガスの適正価格とは?価格はどう推移している?

一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

プロパンガス料金の計算方法

プロパンガス料金の計算方法

毎月のプロパンガスの平均使用量は?

プロパンガスの料金が高いなと思う方は、単純にガスの使いすぎである可能性があります。

ガスの使い方は、ご家庭状況や生活によって変わってきます。
また、お住まいのエリアや、物件が戸建てか集合住宅、賃貸か所有かによっても異なります。

石油情報センターの報告では、1世帯あたりの年間を通してプロパンガスの使用量の平均は、2人以下の場合6.5㎥、4人だと11.3㎥でした。
このデータはあくまでも全国平均なので、季節や建物状況によっては数値が変わります。

まずは平均のデータをもとに、ご自身のガスの使用量と比較してみましょう。
平均よりも多いようであれば、ガスを使いすぎている可能性があります。

プロパンガスの毎月の平均使用量はどれぐらい?

プロパンガスの毎月の平均使用量はどれぐらい?

プロパンガス料金を根本的に節約する方法

プロパンガス会社を変更する

プロパンガス料金を根本的に節約する方法は「安いプロパンガス会社に変更する」ことです。
プロパンガスは自由料金制であり、ガス会社も自分で選べます。
この事実を知らずに営業されたガス会社の言われるままに契約してプロパンガスを利用している人は多いと思います。
まずは契約しているガス会社へ月々のガス料金の内訳を確認しましょう。

まちガスにお問合せいただくお客様は平均価格よりも約6,000円/月72,000円/年も節約できる人が多くいらっしゃいます。
プロパンガス料金を節約する際はまず最初にプロパンガス会社の変更を検討することを強くおすすめします。

安いプロパンガス会社を探す方法

はじめに、現在お住まいの地域のエリアでプロパンガスを供給している販売店を複数社ピックップしてみましょう。
販売店をピックアップできたら、ガス会社のホームページなどに掲載されている料金を調べます。
販売店によっては料金を掲載していない場合があるので、電話などで見積もりをお願いする必要があります。
その際に、実際のガス料金の請求額や使用量をもとに見積もりを取るので、手元に準備しておきましょう。
見積もりを取る際に、契約内容なども事前に相談して確認しておくと良いです。

ただし、賃貸物件や集合住宅にお住まいの方は、自分でプロパンガス会社の変更をすることはできません。
ガス会社の変更を希望する場合は、契約者である大家さんや管理会社へ相談してください。

より効率的に安いプロパンガス会社を探す方法

「ガス会社の変更といっても、やることが多くて大変…。」
「実際にどのガス会社を選べば良いか、自分では判断できない。」

そのようなお悩みをお持ちの方は、是非まちガスへお問い合わせください。
あなたのお住まいのエリアの相場料金確認から、プロパンガス会社の紹介、契約までを一括してサポートします。

まちガスで紹介するプロパン会社はある一定の審査を設け、審査をクリアしたガス会社のみ紹介しています。
ご相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

賃貸住宅にお住まいの方のガス会社変更方法

賃貸住宅にお住まいの方のガス会社変更方法

店舗経営者様もプロパンガス料金の見直しを

店舗経営者様もプロパンガス料金の見直しを

プロパンガス会社変更による大家様のメリット3つ

プロパンガス会社変更による賃貸物件の大家様のメリット3つ

プロパンガス料金の節約術~お風呂編~

お風呂編

ここからは、ガス代を節約するための有効な節約術を紹介します。

ここでのポイントは、ガスをたくさん使用する場所を押さえて、効率よく使うことです。
すぐにでもできる簡単なことばかりなので、今日から実践してみましょう。

まずは、お風呂でできる節約術をご紹介します。

ご家庭でプロパンガス(LPガス)使用量の75%は給湯が占めています。
つまり、お風呂とシャワーの使い方を工夫することで月々のガス代を大幅に節約することが可能です。

しかし、お風呂では一体どれほどのガス代がかかっているのでしょうか。
以下で検証します。

湯船にお湯を貯めるのにかかるガス代

湯船にお湯を貯めるのにかかるガス代をプロパンガスと都市ガスで比較してみます。
季節や場所により水の温度が異なるので、ガス料金も変わってきます。
ここでは水200L(1人用の浴槽に7~8割の水を貯めた場合) を水温15℃から40℃まで温めるものとします。

都市ガスの場合

湯船にお湯を貯める場合の1回あたりのガス代は約61円です。

計算は以下のようになります。
(40℃ー15℃)×200L×0.9÷11000kcal×\150=61.363…
*条件
都市ガスの従量単価:150円(別途基本料金が加算される)
発熱量:11,000kcal
ガス熱効率:90%(=0.9)

プロパンガスの場合

同じ条件でプロパンガスを使用してお湯を貯める場合の1回あたりのガス代は約94円です。
都市ガスと比べると約1.5倍ほどの金額になります。

計算は以下のようになります。
(40℃ー15℃)×200L×0.9÷24000kcal×\500=93.75…
*条件
プロパンガスの従量単価:500円(業者によって異なる)
発熱量:24,000kcal
ガス熱効率:90%(=0.9)

プロパンガスの特徴6つ

プロパンガスの特徴6つ

シャワーのみ使用するのにかかるガス代

シャワーのみ使用で比較した場合はどうでしょうか。
10分ほど利用した場合の水の量は100L前後です。
湯船と同じく、15℃から40℃まで上げるものとして比較してみます。

都市ガスの場合

湯船にお湯を貯めるのと同じ計算をします。
都市ガスの場合、シャワー1回あたりのガス代は約30円です。

プロパンガスの場合

プロパンガスの場合、シャワー1回あたりのガス代は約47円です。
都市ガスと比較して約1.5倍ほど高い計算になります。

一見してシャワーのほうが安く見えますが、お風呂よりもガス代が高くなってしまう場合があります。
湯船にお湯をためた場合は、それ以上の水は使うことはありません。
しかし、シャワーの場合は使い続けるのみで溜まっていきません。
使用する人数や時間によっては、水の消費とお湯にするためのガス代がかかり、かえって湯船にお湯を貯めるよりガス代が高くなってしまいます。

ガス料金を節約するお風呂の使い方

ここから、自宅でできるお風呂での節約術をご紹介します。

お風呂の蓋をこまめに閉める

お風呂を沸かす際やお風呂から出た後は蓋をこまめに閉めましょう。
お風呂の蓋を開けっ放しにしておくとすぐにお風呂の温度が下がり、お湯を足したり追い焚きする必要が出てきます。
アルミ素材の保温シートも活用すると浴槽の温度低下を防ぐことができます。

節水用シャワーヘッドに交換する

節水用シャワーヘッドを使用すれば水道代とプロパンガス代を節約することができます。
最近では種類も豊富で価格もお手頃なものも多いので交換しない理由はありません。

追い焚き回数を減らす

追い焚きはプロパンガスの使用量が多いのでできるだけ必要最小限にしましょう。
そのためにもお風呂の蓋をこまめに閉めるなどしてお湯の温度を下げない工夫が必要です。
また、追い焚きよりもお湯を足すほうがガス代の節約になります。

シャワーはできるだけ短く

シャワーの時間はできるだけ短く済ませましょう。
シャワーをずっと出しっぱなしにしている人は多いはず。
流す時以外にはシャワーを止めておきましょう。
湯船にお湯を貯めている場合は、シャワーではなくそちらのお湯から使いましょう。

シャワーとお風呂を使い分ける

一人暮らしの場合、シャワーでさくっと済ませるとプロパンガス料金を節約できますが、二人以上で生活している場合はお風呂にしたほうが節約できます。

沸かすお湯の量は必要最小限に

シンプルにお湯の量が多いほどプロパンガスをたくさん使用します。
毎日の湯量を200Lから140Lに減らすだけでも30%のガス使用量を減らす事ができます。

お湯を溜める際は、お湯の止め忘れに注意しましょう。
もし浴槽に自動でお湯を止めてくれる装置が付いてない場合は、外付けのものを購入されることをおすすめします。

少しずつ自分にあった湯量に調整していく努力をして、ちょうどよい量を確認していきましょう。

給湯温度を下げる

お風呂を沸かす時、給湯温度をいつもより1度下げてみましょう。
これだけでもプロパンガスを節約できます。

例えば、夏場だけ設定温度を2~3度下げることでも、年間で考えれば節約になります。
給湯温度はプロパンガスの使用量に大きく影響します。
お風呂が湧いたらすぐに入りましょう。
そうすればその1度の差も気になりません。

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

プロパンガス料金の節約術~キッチン編~

キッチン編

電気ケトルを使う

キッチンでお湯を沸かす頻度は非常に多いと思います。
毎回やかんや鍋で沸かすとガスの使用量も多くなります。
そこでおすすめなのが電気ケトル
最近の電気ケトルは短時間でお湯が沸かせ効率が良いです。
鍋でお湯を使いたい場合は先に電気ケトルでお湯を沸かし、その後お湯を鍋に移すという方法も便利です。

食材や水は常温に

食材や水は常温にしてから使いましょう。
冷蔵庫から取り出してすぐに調理すると食材を温めるのに時間がかかり、その分ガスの使用量も多くなります。

また、冷凍食品は使う前に冷蔵庫へ移動してから使いましょう。
これだけでもガスが節約できます。

キッチン家電を活用する

最近のキッチン家電はプロパンガスの節約に大いに活躍します。
電子レンジ炊飯器などはガスを使用せずに様々な調理ができます。

調理器具を活用する

ガス代の節約になる調理器具を活用しましょう。
例えば、

フライパン→熱伝導率が高く、短時間調理が可能。
中華鍋→火が均一に広がり、短時間調理が可能。
圧力鍋→圧力をかけて調理するため、短時間調理が可能。

です。
これらの調理器具を使用すれば調理時間を短くすることができます。
保温性や熱伝導率が高い器具を活用しましょう。

できるだけ中火にする

調理の際は基本的に中火にしましょう。
強火にして鍋の底から火がはみ出してしまってはガス代がもったいないです。
中火にすればその心配もありません。

蓋や落し蓋を活用する

鍋などで調理する時には蓋や落し蓋を活用しましょう。
そうすれば熱を逃がすことなく効率よく調理できます。
調理時間の短縮にもなりますし、ガス代の節約にもなり、まさに一石二鳥です。

同時調理をする

麺を茹でるついでに野菜を一緒に茹でたり、茹で汁を使ってスープを作ったり、ひとつの並べて同時調理するとガス代を節約できます。

炒める>蒸す>煮る

ガス代を節約する調理法は、炒める>蒸す>煮るの順です。
理由は炒めるのが一番水を使わないからです。
逆に煮るのは水を多く使い、調理に時間がかかります。

溜め洗いを心がける

洗い物をする際、洗い桶にお湯を溜めて溜め洗いを心がけましょう。
まずはそのお湯で食器を洗い、最後にお湯を出してすすげばかなりのガス代を節約できます。
要するに洗い物をする際、給湯器の使用を控えるのです。

古い調理器具やガスコンロの買い替えや交換

古い調理器具やガスコンロは熱伝導が悪く、新品よりも加熱に時間がかかります。
新しいものに買い替えや交換をすることでもガス代の節約になります。

作り置きでガス代節約

料理は作り置きすることでガス代を節約できます。
小分けに料理するよりも一度にまとめて料理し、食べない分は冷凍庫で保存するという至ってシンプルな方法ですが、だからこそ節約に貢献します。

まとめ

いかがでしたか?

これらの方法でプロパンガス料金を節約することができます。
ベストな方法はガス会社の変更ですが、それ以外にも方法はたくさんあり、一つ一つは小さな事かもしれませんが積もり積もるとかなりの節約になります。
今日お話した節約テクニックをよく読んで参考にしてみてください。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!