プロパンガス(LPガス)ボンベのサイズについて

プロパンガス(LPガス)ボンベのサイズや種類について

プロパンガス(LPガス)は都市ガスとは違い、ガスボンベ内にプロパンガスを充填して各ご家庭や集合住宅に設置します。
そしてガスボンベにガス供給設備を取り付けて、ガスを供給するのが特徴です。

今日はそんなプロパンガスボンベのサイズや種類についてご紹介します。

プロパンガスとは

プロパンガスは液化石油ガスといい、一般的にはLPガスLPGとも呼ばれています。

液化石油ガス(えきかせきゆガス、LPガスLPG)は、プロパン・ブタンなどを主成分とし、圧縮することにより常温で容易に液化できるガス燃料(気体状の燃料)の一種である。

Wikipediaより引用:液化石油ガス

プロパン・ブタン・メタンガスの比重

プロパン・ブタン・メタンガスの比重

プロパンガスボンベの種類

プロパンガスボンベの種類

ガスボンベにはいくつか種類があります。
主なものとしては家庭や飲食店などの業務用として使われる一般家庭用と、工業用があります。
その他には屋台やキャンプなどで使用される携帯タイプのボンベや、自動車(主にタクシー)フォークリフト用のボンベもあります。

プロパンガスボンベのサイズ

ガスボンベのサイズも様々な種類があります。

一般家庭用のボンベでは2kg、5kg、8kg、10kg、20kg、30kg、50kgのプロパンガスが充填できるガスボンベのサイズがあります。
このうち、最も多く利用されるガスボンベのサイズが20kg50kgボンベになります。
20kgボンベではガスの量が足りない場合、50kgボンベを設置するという具合で設置されます。
一般家庭用で多く利用される2つのタイプの実際の総重量や高さ、直径を以下にまとめました。

ガス量(kg) 総重量 高さ 直径
20kg 約40kg 76cm 32cm
50kg 約90kg 128cm 37cm

工業用のガスボンベはとにかく大容量です。
425kg、450kg、500kg、2550kg、3000kgのガスが充填できるガスボンベがあります。
工業用のプロパンガスボンベは使用量も多いため、必然的にサイズの大きいガスボンベが使用されます。

ガスボンベ内の状態とガス供給の仕組み

プロパンガスはガスボンベ内に液化された状態で充填されています。

ガスの主成分である、ブタンやプロパンはマイナス42℃程度の比較的低い温度に圧力をかけることで液化する性質があります。

これにより、ガスボンベを配送する際に効率的に運ぶことができます。

ボンベ内は、ガスの充填はガスボンベ容量の85%までという決まりがあり、気体のガスが滞留している状態です。
実際のガスボンベ内は液体と気体のガスが混在している状態なのです。

ガスボンベをガスの配管と接続すると、滞留していた気体が抜けていき、やがて気圧が変化します。
気圧が下がると、液体だったプロパンガスがどんどん気化していくことで、ガスの供給が始まります。

さらに、供給が開始されたガスはガスボンベに取り付けられた圧力調整器により、ガスコンロやガス給湯器などのガス機器に適した圧力に調整されます。
この調整器があることで、安全にガス機器を使用でき、ガスボンベが倒れるなど万が一のことが合っても自動で供給を止めてくれたりします。

プロパンガスの調整器について

プロパンガスの調整器について

プロパンガスボンベの価格

プロパンガス(LPガス)ボンベの価格はメーカーやサイズ、種類によって大きく異なります。
2kg~8kgなどの小型のものだと1、2万円程度で販売されており、レンタルも可能です。
また、アウトドアのキャンプ用の携帯タイプのガスボンベも販売されています。
これ以上のサイズの物となると個人での購入は難しく、基本的には専門業者の元で設置管理されています。

不要になったプロパンガスボンベを処分する方法

不要になったプロパンガスボンベを処分する方法

プロパンガスをレンタルする方法

プロパンガスをレンタルする方法

プロパンガスを個人で購入して充填する方法

プロパンガスを個人で購入して充填する方法

プロパンガスボンベ1本でどれくらいの期間使える?

ガスボンベ1本でどれくらいの期間使えるのかは、家族構成や使っているガス器具の種類によって異なってきます。
ここでは仮に4人家族でプロパンガスを使っているとし、使用するガス器具の種類ごとにどれくらいの期間持つかの目安をご紹介します。

・コンロのみの場合
20kgボンベ1本で2ヶ月半ほど

・コンロと湯沸かし器の場合
20kgボンベ1本で1ヶ月ほど
50kgボンベ1本で2ヶ月半ほど

・コンロと給湯器(キッチン・風呂)の場合
20kgボンベ1本で半月ほど
50kgボンベ1本で1ヶ月半ほど

ガスボンベはご家庭の使用状況に合わせてガス会社が設置してくれるので、大きさや種類の指定などは特に必要ありません。

プロパンガスの交換について

プロパンガスの交換について

プロパンガスボンベの設置基準

ガスボンベの設置には液化石油ガス法により基準が設けられています。
プロパンガス会社はこの基準に則り、お客様が安全にプロパンガスを使用できるようにガスボンベを設置します。

・直射日光を避けて設置する
・火気を使用する設備から2メートル以上距離を取る
・鎖などでしっかり固定し、転倒を防止する
・車両との接触を避ける場所に設置する(場合によっては柵の設置)
・バルブなどの備品の損傷防止措置をする
・腐食や損傷を防ぐため、風通しの良い場所や水はけの良い場所に設置する
・容器を40度以下に保つ場所に設置する
・ガス漏れ警報器の設置(義務ではないが推奨)

このような設置基準を満たすことが必要です。

プロパンガスの設置基準7つ

プロパンガスの設置基準7つ

プロパンガスボンベの耐用年数

プロパンガスボンベの寿命はおおよそ20年とされています。
また、充填期限と呼ばれる保証期間が決まっており、安全に使用するため定期的に検査を受ける必要があります。

充填期限は製造されてからの経過年数や容量によって異なります。

8kgや10kgの容器は、製造されてから20年未満であれば6年に1度の点検が必要です。
また、製造から20年以上経過しているものは2年に1度の点検が必要となります。

20kgや50kgなど大きなサイズの容器は製造されてから20年未満なら5年に1度20年以上経過している場合は2年に1度の保安点検が必要です。

プロパンガスボンベの取り扱いはガス会社によって様々なので、しばらく点検を受けていない場合は点検が必要かどうかガス会社に確認してみましょう。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!