プロパンガスの調整器について

プロパンガスの調整器について

プロパンガスを利用している方はガスボンベからホースで繋がれた機器を見たことがあると思います。
これはガスを供給する上で欠かせない「調整器」と呼ばれるものです。

今日はそんな重要な役割を持つ調整器について紹介します。

調整器とは

調整器とは

調整器はプロパンガスボンベの上に設置され、ガスボンベとホースで繋がれています。

正式には「圧力調整器」と言い、その名の通りガスの圧力を調整して使用するガス機器に適した圧力にする機器です。

調整器の機能

上述したとおり、調整器にはガスの圧力を調整して各ガス機器にガスを供給する役割を果たします。

プロパンガスは大気中では気体ですが、ガスボンベに詰める際は圧縮されて液体となっています。

これは配送や貯蔵をすることに優れており、各ご家庭へ配送され設置されているガスボンベ内も液体の状態です。

しかし、ガスボンベ内のプロパンガスの圧力は0.4~1.2Mpaと高いので、一般家庭でプロパンガスを使用する際はそのままの圧力だと使用ができません。

そこで、調整器は2.3~3.3kPaまで圧力を低下させ、コンロなどのガス機器に適した圧力になるようにガスを調整しています。

調整器には大きく3つの機能を備えています。

減圧機能

上述したガスの圧力を調整する役割です。

ガスボンベ内のガスの圧力は、夏は1.2MPa冬には0.4MPaと高いです。
この圧力の高さだとコンロなどのガス機器に使用できないので、ガス機器に適した圧力になるように低い圧力に調整します。

整圧機能

ガスボンベ内のガスの圧力を一定にする機能です。

ガスボンベ内の圧力は、季節や環境、ガスの消費量により変化します。
ボンベ内の圧力を一定にしないと、不完全燃焼や火が途中で消えてしまう立ち消えなどが起こります。
そうならないように、ガスボンベ内の圧力を一定にする整圧機能が備わっています。

閉そく圧力

ガスの消費が止まった際に、それ以上のガスの流入を防ぐために、ガスの供給が自動でストップされる閉そく機能もあります。

ガスの使用が止まってもガスの流入があると、圧力が高いのでガス機器が故障してしまう可能性があります。

調整器の種類

調整器には、主に以下のような種類があります。

・単段式調整器
・圧力可変式調整器
・二段式調整器
・自動切替式調整器

単段式調整器

主に一般家庭で使用される調整器です。

一部、工業用や業務用でも使用されます。

圧力可変式調整器

調整ハンドルにより、ガスの圧力を自由に変更・調整ができるものです。
主に、工業用や業務用で使用されます。

一般家庭用の調整器としては使用できません。

二段式調整器

ガスボンベ内のプロパンガスの圧力を、二段に渡って使用するガス機器に適する圧力まで下げます。

バルク式の貯油タンクなどに使われます。

個別プロパンと集中プロパンについて

個別プロパンと集中プロパンについて

自動切替式調整器

メインのガスボンベが使用できなくなった際に、予備のガスボンベからガスの供給ができるように自動的に切り替わる機能を備えた調整器です。

主に工業用や業務用、集合住宅などで使用されます。

調整器の取り付け方法

調整器の取り付けや設置は専門の整備士が行います。

プロパンガスをレンタルやご自身で購入して使用する場合は、カップリング(自動で結合する部品)付きのガスボンベにワンタッチ式の調整器を取り付けることで使用できます。

ただし、調整器を取り外す際はガス漏れなどが発生する可能性があるので、レンタル業者やガス会社にやってもらうようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

本日はプロパンガスの調整器について紹介しました。

調整器には普段通り使用するガスを供給するために重要な役割を果たしています。
基本的にはプロパンガス業者などの専門の整備士が取り付けを行います。

ただし、調整器には10年の有効期限があるので、点検や古い場合は買い替えをお願いします。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!