プロパンガスの交換について

 

記事のポイント
  • ガスボンベ内にガスがどれだけ残っているかを確認することはできない
  • 勝手にボンベを動かしたりしてはいけません
  • ガスボンベ内が空になってしまってもガスが使用できなくなることはありません

ご自宅にあるプロパンガスの残っている量が気になったことはありますか?
今回はプロパンガスのボンベの交換についてお話します。

プロパンガスの法定点検は必ず受けましょう

プロパンガスの法定点検は必ず受けましょう

プロパンガスボンベの種類

プロパンガスのガスボンベにはいくつか種類があり、大きく分けて一般家庭用工業用の2種類があります。

一般家庭用のガスボンベは2~50kgのサイズがあります。
このうち、一般家庭用で最も多く利用されるガスボンベのサイズが20kg50kgボンベになります。
通常、20kgボンベではガスの量が足りない場合、50kgボンベを設置するという具合で設置されます。

工業用は425~3000kgのガスが充填できる非常に大きなガスボンベとなっており、一般家庭用と比べて大容量になっています。

この記事では一般家庭用のガスボンベについてお話します。

プロパンガスボンベの種類やサイズについて

プロパンガスボンベの種類やサイズについて

ガスボンベの残量について知る方法は?

初めてプロパンガスを使われる方だと、ガスの残量がどれくらいか気になることがあるかもしれませんが、残念ながら外から見てもどれくらいガスが残っているか確認することは出来ません。

また、ガスボンベを揺らしてみて残量を確かめることもできますが、ガスボンベはガス会社の所有物であり管理責任があるので、もし勝手にボンベを動かして問題が生じた場合、ご自身に賠償責任が生じます。

なので、もしプロパンガスの残量が気になって確かめる目的であっても、絶対にガス容器はいじってはいけません。

揺らした衝撃によるガス漏れで重大な事故に繋がる恐れもあるので、基本的にボンベは触れないようにしましょう。

プロパンガスの臭いがしたら?原因と対処方法

プロパンガスの臭いがしたら?原因と対処方法

プロパンガスのボンベが急に空になることはない?

プロパンガスのボンベは急に空になることはありませんのでご安心ください。

どのプロパンガスも急に切れてしまわないような対策がきちん行われています。
ガスボンベは通常2本準備されており、一方が空になった場合はもう片方のガスボンベから自動的にガスの供給を行うシステムになっています。

ですので、よほどの量のガスを急激に使わない限り、ガスボンベの中身が空になってガスを使用できなくなるということは起こり得ないのです。

また、最近では電話回線を通じてガスメーターの使用状況を把握できるようなシステムを採用しているガス会社も増えており、常にガスの残量を管理してくれています。
ですので、プロパンガスの容器はご自身で交換する必要はなく、残量に応じて随時ガス会社が交換を行ってくれているのです。

また、ガス会社は住人に連絡することなく交換に来るので、ガスボンベを交換する際は立ち会いなどの必要はありません。

プロパンガスの残量の調べ方となくなった時の対

プロパンガスの残量の調べ方となくなった時の対応について

ガスボンベの交換頻度

ガスボンベの交換頻度について、世帯人数ごとに必要な1ヶ月のガスボンベの本数を以下の表にまとめました。

ここでは一般家庭で最も多く使用されている20kgと50kgを例にあげています。
20kgのガスボンベの場合、充填されているプロパンガスの容量は8.9~9.8㎥です。
50kgの場合は、22.3~24.6㎥です。
それぞれの容量をプロパンガスの世帯別平均使用量で割って算出しています。

世帯人数 プロパンガス使用量(㎥) 20kgボンベ(本/月) 50kgボンベ(本/月)
2人 6.5 0.66~0.73 0.26~0.29
3人 10.0 1.02~1.12 0.41~0.45
4人 13.0 1.33~1.46 0.53~0.58

表から分かる通り、20kgボンベだと月に1本程度50kgボンベだと2ヶ月に1本程度の交換目安です。
ただし、これらは季節やお住まいの地域によって差が出てくるものなので、あくまでも目安としてください。

まとめ

とはいえ、なんらかの理由で急激にガスの使用量が増えたりと、ガスボンベが空になる可能性もゼロではありません。

もし本当に空になってしまったら、現在契約しているガス会社に連絡しましょう。

万が一このような事態になっても、すぐに対応してくれるような信頼できるガス会社と契約していると安心です。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!