プロパンガスが地震に強い理由

都市ガスに比べて料金が高いと言われるプロパンガス。
ですが、都市ガスよりもプロパンガスの方が地震などの災害に強いと言われています。

この記事ではプロパンガスが地震に強い理由についてお話します。

【この記事のポイント】

✓ プロパンガスは安全性が高く、地震にも強い
✓ 都市ガスやその他のインフラに比べて復旧が早い
✓ 地震が起きたらまずは身の安全を確保することが大事

停電中にプロパンガス機器を使用する際の注意点

停電中にプロパンガス機器を使用する際の注意点

安全性の高さ

プロパンガスが地震に強いと言われる理由として、まずは地震発生時の安全性の高さが挙げられます。

プロパンガスを使用している各家庭にはガスメーター(マイコンメーター)が設置されています。
このガスメーターは、震度5以上の地震を感知すると自動的にガスを遮断し、二次被害を未然に防ぐ仕組みになっているのです。
また、ガス管の亀裂や腐食によってガスの漏洩が起きたときにも、自動的にガスが遮断されるようになっています。

プロパンガスにはこのマイコンメーターが設置されているため、大きな地震が発生した際にもガスを自動で遮断してくれるので安全性が高いと言われています。

復旧の早さ

プロパンガスは地震発生後の復旧が早いことも、地震に強いと言われる理由の一つです。

プロパンガスはガスボンベが各家庭に設置されているため配管の調査範囲も狭く、点検もすぐに完了します。
また、破損している箇所があったとしても配管全体が短いため修理にかかる時間も少なく済みます。

こういった理由から、地震発生後には都市ガスや水道に比べてプロパンガスのほうが速やかに復旧することが可能となっています。

地震があった時の対処方法

それでは実際に地震が起きた際はどのような行動をすればよいのでしょうか。
第一に安全の確保をしてからプロパンガスへの対応をしましょう。

まずは身を守る

地震速報があったり揺れを感じたりしたら、まずはご自身や家族の安全を確保して身を守りましょう。

落下物が落ちてこないような場所や机の下などの落下物を防ぐ場所へ移動します。
調理中であれば、火を消す前に熱湯や油を浴びないように離れることが重要です。

地震や災害が合った際は「まずは火の元を消す」というイメージがありますが、現在はガスの自動遮断機能が付いているためその必要はありません。

プロパンガスの確認をする

身の安全が確保でき、揺れが収まったらプロパンガスの対応に取り掛かります。

まずはガス漏れを防ぐために、ガスの元栓をしっかり締めましょう。

その際、ガスの臭いがしないか?ガス機器は損傷していないか?等のチェックをします。
万が一ガスの臭いがしたり、ガス機器の損傷が見られた場合は、契約しているガス会社の緊急連絡先やガス機器メーカーへ連絡をしましょう。

また、その間は窓を開けて十分な換気をし、ガス機器の使用は控えてください。

プロパンガスの臭いがしたら?原因と対処方法

プロパンガスの臭いがしたら?原因と対処方法

まとめ

プロパンガスはこのような安全性の高さと復旧の早さから地震に強いと言われています。
また近年ではプロパンガスが地震に強いエネルギー源として全国的に見直されており、新たに導入を検討する方も多くなっています。

プロパンガスでお困りの方はお気軽にまちガスまでご相談下さい。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!