日本におけるプロパンガス供給の現状

ご家庭に供給されているプロパンガスの多くは輸入されており、輸入時の原油価格がプロパンガス料金を決定する要素となっています。
そのため、プロパンガス料金の動きを知るうえで輸入の動向を把握することは非常に重要なことです。

今日は、日本におけるプロパンガス供給の現状を解説します。

【この記事のポイント】

✔ 日本におけるプロパンガスの8割は輸入している
✔ 元々は中東からの輸入依存度が高かったが、近年はアメリカからの輸入が急上昇している
✔ ガスの輸入価格がプロパンガス料金に影響を与える要素となっている

プロパンガスの輸入元は?

日本におけるプロパンガス(LPガス)の約25%は国内生産で、残りの約75%は輸入しています。

以下に、日本における国別プロパンガス輸入構成比の最新版をお見せします。

国別LPガス輸入構成比(2019年度)

中東とアメリカ依存度の推移(10年間)

参照:日本LPガス協会「統計資料」

プロパンガスの輸入元はサウジアラビアやクウェート、UAE、カタールなどの中東からの輸入に頼っていたため、中東依存度が高い状況でした。
しかし、実際のところ、ここ数年で一気にアメリカからの輸入割合が急激に拡大しています。
2012年の時点では、アメリカからの輸入割合は全体の約3%程度でしたが、上記のグラフを見て明らかなように、2019年には73.5%と過半数を占めています。

これには2013年に起きたシェールガス革命が関係しています。

シェールガス革命(シェールガスかくめい)あるいはシェール革命とは、今まで困難であったシェール層からの石油や天然ガス(シェールガス)の抽出が可能になったことにより、世界のエネルギー事情が大きく変わることを指す。

Wikipediaより引用:シェールガス革命

アメリカはこのシェールガス革命によって、世界最大のエネルギー輸入国から一転、資源大国に成り上がったのです。
そして、その影響は日本のプロパンガス業界にも多大なる影響を与えています。

こうした状況から、アメリカからの輸入に頼りすぎていることがわかります。
そのため、今後の日本のガス輸入の動きとしては、同じくシェールガス産出国であるオーストラリアやカナダからの輸入比率も増やしていくと見られています。

プロパンガスの配送される仕組み

プロパンガスが配送される仕組み

プロパンガス料金に影響を与える要素

プロパンガス料金はガス会社の自由料金制という名の下、その価格に影響を与えます。
しかし、ガス会社の個別の事情では避けられない原因もあります。
それは、

・急激な円高
・原油価格の高騰

の2点です。
こればかりはガス会社がどれだけ頑張ってもどうすることもできないものなのです。
つまり、日本のプロパンガスの供給が輸入に依存している以上、円高と原油価格という2つの要素は、常にプロパンガス料金に影響を与えてきます。

プロパンガスの適正価格とは?価格はどう推移している?

プロパンガスの適正価格とは?価格はどう推移している?

まとめ

日本のプロパンガスは、約75%を輸入に依存しており、必然的に円高や原油価格の値上がりによって、プロパンガス料金に影響を与えます。
ただし、これらの影響で値上がりした場合、ガス業界全体が値上げすることになるので、各ガス会社が個別に値上げをする根本的な原因とは異なります。
むしろ、これらを言い訳(悪用)して、不当に値上げをしてくるガス会社もいるので注意が必要です。

ガス料金の値上げに困ったらお気軽にまちガスにお問い合わせください。
適切な価格で取引をするプロパンガス会社を紹介します。

【注意】悪質なプロパンガス業者について

【注意】悪質なプロパンガス業者の仕掛ける罠と対策

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!