飲食店が安いガス会社に切り替えるメリット

プロパンガスは自由料金制です。
そのため、利用者が自由にガス会社を選ぶことが出来ます。
それは家庭用でも、飲食店などの店舗であっても同様です。

今回は、飲食店が安いガス会社に切り替えるメリットについてお話します。

【この記事のポイント】
✔ 飲食店の品質を落とさずに利益を確保をするためには光熱費の見直しが大切
✔ プロパンガス会社切り替えで、ガス使用量ではなく根本のガス料金の見直しが可能になる
✔ ガス会社切り替えと同時にガス機器や備品の買い替えもできる

ランニングコストや経費の削減に繋がる

飲食店で利益を確保するためには、光熱費の見直しをすることが一番大切です。

毎月のコストを見直そうと従業員の給料を下げたり、食材を安い仕入先へ変更したりすることがあると思います。
そうすると従業員はやめていく可能性が高まり、食材が劣るとお客さんが離れていくことも考えられます。

そうならないためにも、売上を維持しつつ、いかに光熱費を下げることができるかが飲食店の経営に重要になってきます。

光熱費の中でも、プロパンガス会社の切り替えは、月々にかかるコスト削減に最も手を付けやすいものです。
当たり前の話ですが、火をたくさん使用する飲食店でガス代が下がれば月々にかかる経費の削減に繋がります。
飲食店の品質を維持しつつガスの使用量を減らすことは難しいため、根本のガス代の見直しをするだけでガス料金全体のコストを下げることが可能です。

プロパンガスの場合、ガス料金は「基本料金+従量料金(従量単価×ガス使用量)=請求額」で決まります。
ここで従量単価が下がれば、ガス使用量が変わらなくてもガス料金を下げることができます。
飲食店でのプロパンガス使用量は平均して毎月300㎥~と言われており、従量単価が100円でも下がれば、全体で3万円以上ものコスト削減が可能なのです。

プロパンガスは自由料金制のため、ガス会社が自由に料金を決めることが出来ます。
そのため、ガス会社によって大きく料金が異なります。
ガスの使用量が多い飲食店ともなれば、ガス会社を切り替えることで毎月のガス料金が数万円も安くなる場合があります。

プロパンガスにおける無償貸与契約について

プロパンガスにおける無償貸与契約について

給湯器やコンロなどのガス機器を新しくすることが出来る

ガス会社を切り替えることで、現在使用中のガス機器を無償貸与で新しく出来る場合があります。

また、現在契約中のガス会社から無償貸与期間中のガス機器があったとしても切り替えることが出来ます。

つまり、現在の契約状況によってはその残債を精算してくれるガス会社もあるのです。

ガス機器やその他の備品が古くなってしまい買い替えを考えている場合は、プロパンガス会社の切り替えと同時に備品の刷新が可能です。

プロパンガス会社変更による大家様のメリット3つ

プロパンガス会社変更による賃貸物件の大家様のメリット3つ

無償貸与の残債がある場合のガス会社切り替えについて

無償貸与の残債がある場合のガス会社切り替えについて

乗り換えをご検討の方はまちガスにご相談を

しかし、中には契約当初に提示された金額から不当な値上げをしてくる悪徳業者も存在します。

そういった業者と契約してしまうと、結局高いガス料金を払うことになってしまいます。

まちガスでは、そのようなな値上げが行われない優良な業者をご紹介しています。

【注意】異常に安いプロパンガス料金は必ず値上げされます

【注意】異常に安いプロパンガス料金は必ず値上げされます

信頼できるプロパンガス会社を選ぶコツ

信頼できるプロパンガス会社を選ぶ4つのコツ

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!