プロパンガスコンロを選ぶときのコツ

プロパンガスコンロを選ぶときのコツ

ガスコンロはプロパンガスの利用者にとって普段から使用する馴染みのあるものです。

今日はプロパンガスコンロの特徴と、選び方のコツも合わせてご紹介します。

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

プロパンガスコンロの特徴とメリット・デメリット

プロパンガスコンロには据え置き型や備え付けのものなど、いくつか種類があります。

中でも、据え置き型のプロパンガスコンロが広く使われております。
据え置き型のプロパンガスコンロとは、キッチンのガス台の上にコンロを設置し、ガスホースをつなげて使用します。

また、据え置き型以外には、ガス台に埋め込むタイプとガスコンロとガス台を一体化したタイプもあります。
引っ越しなどの際は、まずはガス台の確認をしてから、ガス台に合ったガスコンロを購入しましょう。

ガスコンロにはメリットとデメリットもあります。

メリット

火力調整がしやすい

火を目で見て確認できるため、火力の調整がしやすく調理のムラがなくなります。
弱火やとろ火などの調整がしやすいので、料理をたくさんするご家庭や、飲食店に向いています。

耐久性や強度がある

コンロの天板に鍋やフライパンを乗せるためのゴトクがあるため、衝撃に強く鍋やフライパンを振る調理には向いています。
ゴトクがあることで、ガステーブルへの衝撃を抑えることができます。

調理器具を選ばない

ガスコンロは一般的なフライパンや鍋の他に、土鍋やステンレス製の鍋など、調理器具を選ばずに使用できます。
IHコンロはIHに対応した調理器具でないといけませんが、ガスコンロの場合は問題ありません。

デメリット

火災のリスクがある

火を使って加熱するので周りに可燃性の物があれば引火します。
ガス漏れを起こす場合もあるので、使用には十分注意しましょう。
最近では自動消火センサーが標準装備されたコンロも増え、安全性にも優れています。

掃除がしにくい

ガスコンロにはゴトクや凹凸があるので、油汚れや焦げ付きを落とすのは大変です。
ゴトクは簡単に取り外すことのできる構造になっているので、日々のお手入れの習慣をつければ清潔な状態を保つことができます。
ゴトクに汚れが付着しないようにするために、サラダ油を少し塗っておく方法もあります。

プロパンガスコンロとIHコンロの違い、それぞれのメリットとデメリット

プロパンガスコンロとIHコンロの違い、それぞれのメリットとデメリット

プロパンガスコンロの選び方のコツ

それでは、プロパンガスコンロの選び方のコツについてご紹介します。

ガスコンロを選ぶうえで、以下のポイントを押さえると良いでしょう。

価格

なんといっても、まずは価格です。

プロパンガスのコンロの価格帯は1万円以下のものもあれば、10万円台のものもあります。

価格に差がある理由は、機能やデザインによるものです。

ガスコンロの口数が一口か二口かで差があったり、魚焼き用のグリルがついているかどうかで値段も変わります。

ご家庭の人数や、料理の傾向などから判断しましょう。

サイズ

ガスコンロを購入したものの、ガス台に入らなかった…なんてこともよくあります。

ガスコンロのサイズ56cm~60cmと、基本サイズからコンパクトサイズまでの幅があります。

ここで言うガスコンロのサイズとは、設置するガス台の幅を示してあり、ガスコンロ自体の幅ではないことに注意してください。

ガスコンロを購入する前には、ガス台の幅を計測しておくようにしましょう。

ガス消費量

ガスコンロの口数や、魚焼き用グリルの種類が片面焼きか両面焼きかでもガスの消費量は変わってきます。

毎月のガス代に影響してくるものなので、日々の使用状況から判断しましょう。

プロパンガス料金の節約術18選

プロパンガス料金の節約術18選

機能

最近のガスコンロには様々な便利な機能が備わっています。

事故防止のための、消し忘れによるオート消化機能や、炒めもの用に高温炒め、魚を焼く際に出来上がりで自動で消化するオートグリル機能等、調理には欠かせない機能が備わっています。

しかし、機能は価格に直結してくる要素です。

どのような機能が必要か確認をして、購入する予算と相談して決めたいものです。

デザイン

見た目のデザインも大事ですが、ガスコンロは素材選びが大切です。

・ホーロー素材
値段は安いが、表面の塗装が剥げやすく、サビが発生しやすい。

・フッ素コート素材
値段が安い。
ホーロー素材同様に、表面が剥げやすく、サビも発生しやすい。

・ガラストップ
テーブルがガラスのため、熱が伝わりにくく、サビにも強い。
見た目も美しい。
価格がやや高く、衝撃によりガラスが割れる可能性がある。

・特殊コート素材
ホーロー素材の上を特殊な素材でコーティングしたもので、価格もガラスに比べて安価で、衝撃にも強い。
コーティングにヒビが入ってしまうとサビの発生の可能性がある。

こちらも機能と同様、予算と相談して決めると良いでしょう。

また、どの素材も日々のお手入れを心がけましょう。
そうすることで長く使うことができます。

ガスコンロの設置方法

ガスコンロを購入したあとは、ガスコンロの設置をしなければいけません。

しかし、ガスコンロの設置を自分で行うことは難しいものです。
ガスコンロを購入したら、コンロを購入したメーカーや販売店に設置してもらいましょう。

その際にガスホースの取り付けも必要になります。
ガスホースに関しても、コンロ同様、プロパンガス用と都市ガス用のものがあります。
コンロにはLPガス、LPGや都市ガスなどの記載があるのでわかりやすいのですが、ガスホースはどのように選べばよろしいでしょうか。

実はガスホースの色により簡単に見分けることができます。

プロパンガス…オレンジ色
都市ガス…薄いピンク色

色だけで見分けがつくのでわかりやすいですよね。
間違って使用しないように注意しましょう。

プロパンガスと都市ガスの見分け方

プロパンガスと都市ガスの見分け方

まずはプロパンガス会社選び

プロパンガスコンロを選ぶ前に、良いプロパンガス会社選びはできていますか?
ガスコンロは一度購入すれば、10年ほどまで長く使用することができます。

しかし、プロパンガスの料金は毎月かかります。
いくらお得なガスコンロを購入しても、ガス料金が高ければ何も意味がありません。

プロパンガスは「自由料金制」のため、販売店が異なればガス料金も異なります。
同じエリア内でも販売店によってガス料金が2~3倍変わるケースもあります。

2~3万円安いガスコンロを買ったとしても、毎月のガス料金が1,000円でも他と比べて高ければ、数年で安く購入したメリットがなくなってしまいます。

そうなる前に、まずは優良なプロパンガス会社選びをしましょう。

販売店によって料金が異なるように、消費者側も自由に販売店を選ぶことができます。
ただし、集合住宅にお住まいの方はご自身ではガス会社の変更はできないので注意してください。

適正な価格で取引をする信頼できるプロパンガス会社を選んで、多機能で良いデザインのガスコンロを購入して、充実した生活を送りましょう。

まちガスでは厳選したプロパンガス会社を無料で紹介しています。

信頼できるプロパンガス会社を選ぶコツ

信頼できるプロパンガス会社を選ぶコツ

プロパンガスは自由料金制である

プロパンガスは自由料金制である

賃貸住宅にお住まいの方のガス会社変更方法

賃貸住宅にお住まいの方のガス会社変更方法

まとめ

いかがでしたか?

プロパンガスコンロの特徴と購入のコツについて説明しました。
ガスコンロを選ぶ際には、5つのポイントを押さえて購入しましょう。

また、プロパンガス会社選びも合わせて行いましょう。
ガス会社選びはガ購入するガスコンロの価格を決めるよりもはるかに大切です。

プロパンガス会社選びにはまちガスをご利用ください。
ご相談は無料です。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!