プロパンガス料金を滞納してしまったらどうなる?

プロパンガス料金を滞納してしまったらどうなる?

普段使っているプロパンガスがもし急に止まってしまったら困りますよね。
プロパンガスが止まってしまう原因は大きく2つに別れます。
ガス機器自体が原因で止まっているのであれば、自力で復旧することが可能な場合もあります。

ガスメーターが止まった場合の復旧方法

ガスメーターが止まった場合の復旧方法

ですが、ガス料金の滞納が原因で止まってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
この記事では、プロパンガス料金の滞納してしまったらどうなるかについて説明します。

滞納してからどれくらいでプロパンガスが止まる?

プロパンガスの料金を支払い忘れても、すぐにガスが供給停止になるわけではありません。
これは都市ガスや電気、水道などにも言えることで、これらの料金はライフラインに含まれるため基本的には滞納してもすぐに止められてしまうことはありません。
しかしここで注意が必要なのは、プロパンガスは都市ガスよりも早く止められる可能性があるということです。

都市ガスの場合は検針日翌日から約2ヶ月後にガスの供給が停止されるのが一般的です。
ですが、プロパンガスは一般的に支払期限から20日後(検針日翌日から50日経過後)に供給が停止されてしまいます。

さらに、プロパンガスは公共料金ではないので法律などで厳密に供給停止日が決められているわけではありません。
そのため、会社によって対応にばらつきがあり「検針日翌日から50日経過後」よりも早くガスを供給を止められる可能性もあります。

・まずはガス会社に連絡を

もし支払いを忘れてしまった場合、ガスが止まってしまう前にとりあえず現在契約中のガス会社に連絡をしましょう。
会社によっては供給停止日を遅らせてもらえる場合もあります。

ガスの供給を再開するには?

もしガス料金の滞納が原因で実際にガスが止まってしまった場合、未払い分のガス料金を支払いましょう。
ほとんどのガス会社は土日祝日でも復旧作業を行っているので、基本的には支払いを済ませば当日か翌日にはガスが復旧します。
また、復旧作業を行うのに立ち会いが必要な場合もありますので、滞納している料金の支払いを済ませたら契約しているガス会社に確認を取るようにしましょう。

・さらに料金が発生する場合も?

しかし、滞納しているガス料金を支払っただけではガスが使用できないケースもあります。
未払いのガス料金に合算して滞納している期間の延滞料金を請求されたり、ガス会社によっては復旧作業時に「開栓手数料」という料金を別途請求される場合もありますのでご注意下さい。

まとめ

プロパンガスの料金を滞納して一度ガスを止められてしまうと、そこから再びガスを使うためにはこのような手間がかかってしまいます。
ついうっかり払い忘れていたらガスが急に止まってしまった…なんてことにならないようにガス料金は支払期限内に支払うように気をつけましょう。

また、ガス料金が高すぎるのであれば、安いガス会社に切り替えるという方法もあります。
まちガスでは、地域最安値の優良プロパンガス会社をご紹介できます。
高すぎるプロパンガス料金にお困りの場合はまずは一度ご相談下さい。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!