【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

ガスの種類にはプロパンガスと都市ガスがあります。
同様にご家庭で使用するガスの種類によってガスコンロも異なります。
つまり、ガスコンロにはプロパンガス用と都市ガス用の2種類があるのです。

プロパンガス用と都市ガス用のコンロが違う理由

例えば都市ガスの家からプロパンガスの家に引っ越した場合、同じガスコンロをそのまま使用することはできません。
なぜなら、ガスと言ってもプロパンガスと都市ガスではガスの種類が違うからです。

プロパンガスはブタンやプロパンを主成分とする液化石油ガスで、都市ガスはメタンを主成分とする天然ガスです。
前者は空気より重く、後者は空気より軽いという性質があります。
つまり、ガスと言ってもプロパンガスと都市ガスではガスの種類が全く異なるため、使用するガスコンロの仕様も別物なのです。

プロパンガスはプロパンガス専用ガスコンロ、都市ガスは都市ガス専用ガスコンロを必ず使いましょう。

プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスの違い、それぞれのメリットとデメリットについて

2019年1月17日

プロパンガスと都市ガスのコンロの見分け方

プロパンガス用のコンロと都市ガス用のコンロはどのように見分けたら良いのでしょうか?
その方法は簡単です。
ガスコンロの側面、多くの場合電池ボックス周辺やその蓋に貼ってあるラベルをチェックすれば良いのです。
そしてそこに以下のような文言が記載してあれば判別できます。

LPガス、LPG・・・プロパンガス
天然ガス、12A、13A・・・都市ガス

ご利用のガスに合ったコンロを使用しましょう

上記のようにプロパンガスと都市ガスでは使用できるガスコンロの種類が異なります。
もし、間違ったガスコンロを使用してしまうと、

・やけど
・火災
・一酸化炭素中毒
・機器の故障
・ガス漏れ

といった危険にさらされてしまいます。
くれぐれも間違ったガスコンロを使用しないようにそれぞれ専用のものを使用しましょう。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。