プロパンガスと都市ガスではガスコンロの種類が違います!

プロパンガスと都市ガスではガスコンロの種類が違います!

ガスの種類にはプロパンガスと都市ガスがあります。
同様にご家庭で使用するガスの種類によってガスコンロも異なります。
つまり、ガスコンロにはプロパンガス用と都市ガス用の2種類があるのです。

今日はプロパンガスと都市ガスのガスコンロでの見分け方についてご紹介します。

プロパンガスのガスコンロを選ぶときのコツ

プロパンガスのガスコンロを選ぶときのコツ

プロパンガス用と都市ガス用のコンロが違う理由

例えば都市ガスの家からプロパンガスの家に引っ越した場合、同じガスコンロをそのまま使用することはできません。
そのため、都市ガス用のガス機器を新たに買い換えるか、現在使用中のガス機器を都市ガス用で使えるように部品を交換する必要があります。
なぜなら、ガスと言ってもプロパンガスと都市ガスではガスの種類が違うからです。

プロパンガスはブタンやプロパンを主成分とする液化石油ガスで、都市ガスはメタンを主成分とする天然ガスです。
前者は空気より重く、後者は空気より軽いという性質があります。
つまり、ガスと言ってもプロパンガスと都市ガスではガスの種類が全く異なるため、使用するガスコンロの仕様も別物なのです。

プロパンガスはプロパンガス専用ガスコンロ、都市ガスは都市ガス専用ガスコンロを必ず使いましょう。

プロパンガスと都市ガスの違いとメリット・デメリット

プロパンガスと都市ガスの違いとメリット・デメリット

間違ったガスコンロを使う危険性

万が一、間違ってガスコンロを使用してしまうと様々な危険があります。

使用するガス機器が違うので、ガス漏れが発生し、爆発を引き起こす可能性があります。
また、点火しても不完全燃焼により一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒に陥る可能性があります。

万が一、誤って使用してしまった場合、すぐに換気をしましょう。
換気扇は火花が発生して爆発を引き起こす可能性があるので、窓やドアを開けることで換気をしましょう。

プロパンガスまたは都市ガスに対応したガスコンロの部品を交換することで、それぞれのガスへ切り替えても使用することができます。
しかし、ガス会社によって部品があるかどうかわかりません。
また、交換したとしても数万円かかるケースが多く、部品の交換はおすすめしません。
できるだけガスが切り替わったら、新しいガスコンロへ交換するようにしてください。

プロパンガスは安全なのか?危険性と注意点について

プロパンガスは安全なのか?危険性と注意点について

プロパンガスの正しい使い方

プロパンガスの正しい使い方

プロパンガスと都市ガスのコンロの見分け方

間違って使用しないために、適切なガスコンロの見分け方を説明します。
重大な事故に繋がる前に、事前に確認しておきましょう。

ガスコンロの側面で見分ける

一番簡単な方法です。
ガスコンロの側面、多くの場合電池ボックス周辺やその蓋に貼ってあるラベルをチェックすれば良いのです。
そしてそこに以下のような文言が記載してあれば判別できます。

LPガス、LPG・・・プロパンガス
天然ガス、12A、13A・・・都市ガス

警報器の位置で見分ける

ガス警報器の位置でもプロパンガスか都市ガスかを見分けることができます。
ガス漏れが発生した場合、警報音を鳴らして知らせてくれる機器です。

こちらも確認する方法は簡単です。
床付近に警報器があればプロパンガス、天井付近にあれば都市ガスです。

プロパンガスは空気より重いため、ガス漏れの際は床に溜まっていきます。
一方で、都市ガスは空気より軽いため、ガス漏れの際は天井付近に溜まるからです。

警報器を確認して、適切なガスコンロを使用しましょう。

ガスホースの色で見分ける

ガスコンロに接続されている「ガスホースの色」でも見分けることができます。

プロパンガス・・・オレンジ色
都市ガス・・・薄ピンク色

上記のように色で使用できるガスが分かれています。
一見、形状は同じように見えますが、都市ガス用のガスホースでプロパンガス用のコンロは使用できません。
逆も同じです。
他のガス機器同様に、使用するガスに合ったガスホースを使用する必要があります。

プロパンガスのガスホースの種類や見分け方について

プロパンガスのガスホースの種類や見分け方について

ガスボンベがあるか確認

建物の周りにガスボンベがあるかどうかでも見分けることができます。
プロパンガスの場合は、ガスボンベが建物の周りに置いてあります。
都市ガスの場合は、地下の配管を通してガスを供給しているのでガスボンベは置きません。

プロパンガスの設置基準7つ

プロパンガスの設置基準7つ

プロパンガス(LPガス)ボンベのサイズや種類について

プロパンガス(LPガス)ボンベのサイズについて

プロパンガスから都市ガスへ切り替える方法

切替前に確認すること

建物の近くにガスの導管がある

都市ガスへ切り替えたい場合、まずはお住まいの地域で都市ガスの供給がされているかを確認する必要があります。
各都市ガス会社の公式サイトなどで供給エリアマップが公開されており、そこで確認ができます。

このように都市ガスを使うためには、地下にガス導管が通っていなければなりません。
プロパンガスと都市ガスではガスの供給方法に違いがあります。
プロパンガスはガスボンベを配送し、各ご家庭に設置してガスを供給します。
一方で、都市ガスは地下にあるガス導管にガスを通して供給されます。

しかし、都市ガスは全国に供給されているわけではなく、人口がある程度密集した都市部で供給されています。
その理由は、ガス導管を地下に整備するために莫大な費用がかかるため、都市ガス事業者は設備投資をしても、都市部のような人口が多い地域でないと投資費用の回収が見込めないからです。

ガス導管を引く設備工事ができる

都市ガスの供給が可能なエリアであれば、都市ガスの利用が可能です。
ガスの供給を行うには、地下にあるガス導管を建物まで引く工事を行う必要があります。

ただし、住宅街などの建物が密集したエリアの場合、自分が住んでいる建物に複数の建物が隣接していると、近隣の住民の方の許可を得て工事を行う必要があります。

都市ガスへ切り替えるために、建物の立地状況と近隣住民の許可を得られるかどうかも確認が必要です。

プロパンガスから都市ガスへ切り替える方法

プロパンガスから都市ガスへ切り替えをする際、以下の手順で行います。
切替え手順の中で重要なことは、「都市ガス会社との契約内容の確認」「プロパンガス会社との解約」です。
都市ガス会社とは契約をする前に、契約書の内容などを十分に確認し、不明点があればその場で質問をし解決しておきましょう。
あとになって費用を請求して来た…なんて言うことがないように、慎重に確認してください。
また、プロパンガス会社は解約されることを嫌がるので、解約させないために必死に話をしてくることが考えられるので気をつけましょう。
プロパンガスの解約時に、ガス会社と無償貸与契約を結んでいれば、違約金が発生する場合があります。

・都市ガス会社の選定
・都市ガス会社の担当者と現場打ち合わせと見積もり
・契約をする
・工事日の調整
・プロパンガス会社へ解約の連絡
・ガス導管引き込み工事と開栓手続き

プロパンガスから都市ガスへ切り替える方法

プロパンガスから都市ガスへ切り替える方法

プロパンガスの違約金について

プロパンガス会社変更で違約金が発生する?

ご利用のガスに合ったコンロを使用しましょう

プロパンガスと都市ガスでは使用できるガスコンロの種類が異なります。
しっかり見分けてから適切なコンロを使用しましょう。
もし、間違ったガスコンロを使用してしまうと、

・やけど
・火災
・一酸化炭素中毒
・機器の故障
・ガス漏れ

といった危険にさらされてしまいます。
くれぐれも間違ったガスコンロを使用しないようにそれぞれ専用のものを使用しましょう。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

プロパンガスの特徴6つ

プロパンガスの特徴6つ

error: Content is protected !!