プロパンガス料金を交渉して安くする方法

記事のポイント
  • プロパンガス料金は直接ガス会社へ交渉して安くすることができる
  • あらかじめ近隣のプロパンガスの相場価格を調べておく
  • 交渉がうまくいかなかった場合はプロパンガス会社の変更を検討

プロパンガスは販売店が料金を自由に決めることができます。
そのため、ガス料金は高めに設定されがちです。

今日はガス料金を交渉して安くする方法を紹介します。

プロパンガスの価格は自由に決められる

プロパンガスは「自由料金制」のため、プロパンガス販売店が自由に料金を設定しています。
また、都市ガスと違って料金体系が決められていないので、料金システムが販売店ごとに違います。

そのため、同じ地域内でも販売店が違うだけで、ガス料金に2~3倍以上の差があることも珍しくありません。

契約した当初のガス料金が年々高くなっている…
今月はガスをあまり使っていないのに、前月とほとんど変わらない…

そんな悩みを抱えている方がいると思います。

このまま販売店の都合で高いガス料金を請求されるのを防ぐためにも、「現在のガス料金の把握」「地域の料金の相場」はしっかりと把握しておく必要があります。

まずは、手元にあるガス料金の請求書でガス料金と料金体系の確認をしましょう。

プロパンガス料金の計算方法

プロパンガス料金は交渉して安くすることができる

プロパンガスの料金は値下げ交渉をして安くすることができます。

しかし、ただの交渉ではプロパンガス販売店も応じてくれませんので、しっかりとポイントを把握したうえで交渉に望みましょう。

プロパンガスの値下げ交渉のポイント

ガス料金の値下げ交渉の準備のために、以下のものを用意しておきましょう。

  • できるだけ多くの検針票
  • お住まいの地域のガス料金相場の情報
  • 競合ガス会社の見積り

値下げ交渉までの準備

まずは手元にある検針票をもとに、現在のガス料金プランを確認しましょう。
プロパンガスの料金は原則「基本料金」「従量料金」から構成されています。

  • 基本料金
    ガスの使用の有無に関係なくかかる固定費です。
  • 従量料金
    ガスの使用量に応じて加算される料金です。

現在の料金プランを把握できたら、次はお住まいの地域のガス料金相場を確認しましょう。

石油情報センターで地域の価格検索ができるので見てみてください。

まちガスでもお住まいの地域の料金相場を調べることができます。

【お知らせ】ガス料金の自動診断ができるようになりました。

値下げ交渉

プロパンガスの利用状況と地域の相場料金情報が手元に準備できたら、いよいよプロパンガス販売店に交渉をします。

交渉の際に大事なことは、「ガス会社の切替を検討している」という考えを伝えることです。
また、話をする際は電話で直接伝えましょう。

ガス会社にとって最も避けたいことは、ガスの利用契約を解約されることです。

手元に準備した相場料金情報をもとに交渉をして値下げをお願いしてみましょう。
また、競合他社の見積もりがあれば、値切る理由が明確ですし、ガス会社を乗り換えたいという意思も伝えることができます。

ただし、これは持ち家の場合のみ有効です。
賃貸物件や集合住宅にお住まいの場合は、入居者個人でガス会社への交渉や乗り換えはできないので、大家さんか管理会社へ連絡してください。

集合住宅の場合は、ガス会社との値段交渉を希望する入居者が多ければ多いほど効果が上がるので、他の入居者からできるだけ多くの署名を集めておくと良いでしょう。

【賃貸】引っ越し先でのプロパンガスの契約方法は?

値下げ交渉後の対応

値下げ交渉に成功したあとでも、ガス料金の確認は忘れずに行いましょう。

ガス会社は交渉から逃げるために、そのときは「ガス料金を値下げします」と言うものです。
しかし実際は一時的な値下げだけで、忘れた頃にまた不当な値上げをしてくることがあるのです。

このような対応をされた場合はすぐにガス会社の変更を検討しましょう。

もし値下げ交渉に失敗してしまった場合

値下げ交渉に失敗した場合は、ガス会社変更を検討しましょう。
交渉前に見積りを取った販売店と契約するという方法もあるのです。

プロパンガス会社の変更には費用はかかりません。
気軽に相談してみましょう。

ガス会社変更について面倒であればまちガスへご連絡ください。
お電話1本でガス会社変更の手続きをいたします。

プロパンガスの解約方法とは?注意点やトラブルも解説
プロパンガスの違約金について

値下げ交渉をする時の注意点

ガス料金の値下げ交渉をする上で、注意点があります。

それは、容易に値下げ交渉に応じるガス会社は適正価格より高い価格でガスを販売しているということです。

適正な価格で取引をしているプロパンガス会社であれば、値下げ交渉をされてもすぐに応じるということはしません。
すぐに値下げに応じてしまうと採算が合わず、経営が成り立たなくなるからです。

しかし、利益目的で適正価格よりも高い料金を設定して販売しているガス会社も少なくありません。
今契約しているガス会社の価格が適正かどうか、十分に見極めましょう。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

まとめ

いかがでしたか?

ガス料金の値下げ交渉をする際は、しっかりと準備をしたうえで交渉に臨みましょう。

値下げ交渉が終わっても、誠実でないガス会社は料金を勝手に値上げしたり、値下げを数ヶ月遅らせたりします。

プロパンガス会社選びは慎重に比較検討して選びましょう。

まちガスへお任せいただければ、適正価格でガスを販売する販売店をご紹介します。
ご相談だけでも無料でできます。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!