一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

 

記事のポイント
  • 各地域や季節ごとのガス使用量や料金の相場を確認して自分自身のものと比較してみる
  • ガス料金を抑えるためには自宅内の2つの場所でガスを工夫して使う
  • プロパンガス会社の変更が最も効果的にガス料金を抑えることに繋がる

一人暮らしの中でも、光熱費は生活費の中でも大きな割合を占めています。

さらに、その中でもガス代は毎月の光熱費の中でも特に気になるところだと言えるでしょう。

そこで、この記事では現在一人暮らしをされている方やこれから始める方のために、毎月のプロパンガスの使用量や料金の目安を説明していきます。

一人暮らしのプロパンガスの使用量と料金の相場(全国)

早速、一人暮らしをしている方の毎月のプロパンガス使用量と料金の相場を見てみましょう。

ガス使用量や料金は季節によって大きく変動するものですが、まずは年間の平均を見ていきます。

全国のプロパンガス使用量と料金の相場

石油情報センターによると、年間を通して全国の一人暮らしにおける毎月のプロパンガス使用量と料金の平均は以下の通りです。

毎月のプロパンガス使用量と料金の平均(全国)

ガス使用量 ガス料金
約5㎥ 4,925円

季節ごとの一人暮らしのプロパンガスの使用量と料金の相場

ガスは季節による使用量の変動が大きいものです。
それによりガス料金も同じく変わります。

そこで、6~8月を夏とし、12~2月を冬としてプロパンガスの使用量と料金の平均をまちガスで算出してみました。

季節ごとの毎月のプロパンガス使用量と料金の平均(全国)

季節 ガス使用量 ガス料金
夏(6~8月) 3.5㎥ 3,398円
冬(12~2月) 7.0㎥ 5,890円

この結果は先程の全国のものと同じく、石油情報センターが公開している情報をもとに算出しています。

結果から分かる通り、夏の時期は暑さもあるためガスの使用量は少なくなる傾向にあり、それに伴ってガス料金も低くなります。
一方で、冬の時期は暖房やお風呂の温める時にガスをたくさん使用するため、ガスの使用量と料金がともに上がります。

都道府県別の一人暮らしのプロパンガスの使用量と料金の相場

次に、都道府県別でのガス使用量と料金の平均はどうなるか見てみましょう。

これまでと同じく、以下の表は石油情報センターの都道府県別のプロパンガス公表価格のデータに基づいています。
また、一ヶ月あたりのプロパンガス使用量を5㎥と仮定した場合の金額になっています。

なおここで示しているのは都道府県別のものであり、各都道府県内の地域ごとにガス料金は異なるため、石油情報センターへアクセスしてみてください。
現在お住まいの地域やこれから一人暮らしを始める地域のガス料金相場を一度確認してみましょう。

都道府県別一ヶ月あたり5㎡のプロパンガスを使用した場合の平均料金

都道府県名 平均料金(円) 都道府県名 平均料金(円)
北海道 6,145 滋賀県 4,818
青森県 5,730 京都府 4,860
岩手県 5,599 奈良県 4,660
宮城県 4,914 大阪府 4,520
秋田県 5,350 兵庫県 5,095
山形県 5,530 和歌山県 4,787
福島県 5,099 鳥取県 5,304
茨城県 4,532 島根県 5,283
栃木県 4,492 岡山県 5,250
群馬県 4,594 広島県 5,100
埼玉県 4,426 山口県 5,258
千葉県 4,484 徳島県 4,753
東京都 4,436 香川県 4,967
神奈川県 4,444 愛媛県 4,925
新潟県 5,148 高知県 4,751
長野県 4,935 福岡県 5,010
山梨県 4,590 佐賀県 5,059
静岡県 4,837 長崎県 5,036
愛知県 4,636 熊本県 4,931
岐阜県 4,718 大分県 4,741
三重県 4,713 宮崎県 4,956
富山県 5,454 鹿児島県 4,923
石川県 5,224 沖縄県 5,016
福井県 5,087

出典:石油情報センター「液化石油ガス市況調査(令和2年2月末現在)」

以上までの結果を見て、あなたの毎月のガス料金や使用量と比較していかがですか?

プロパンガスは一般的に都市ガスよりも高い傾向にあるため、毎月のガス使用量や料金は明確に把握しておく必要があります。
それにより節約をするのか、基本料金を下げるためにガス会社の変更を検討するのかが変わってきます。

プロパンガスと都市ガスの違いについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

プロパンガスのメリット・デメリットについて

プロパンガスのメリット・デメリットについて

プロパンガスの料金システム

そもそも、プロパンガスの料金はどのように決まるのでしょうか。

プロパンガス料金は原則「請求額=基本料金+従量料金」という仕組みになっています。

基本料金とは、ガスの使用の有無に関わらず固定でかかる費用です。
従量料金とは、ガスの使用量に応じて加算される料金で、プロパンガスの使用量1㎥あたりに「従量単価」が掛けられて金額が決まります。

以下の例を見てみましょう。

例)5㎥使用した場合(基本料金 1,500円、従量単価 550円)
1,500円(基本料金) + 2,750円(従量料金 5㎥×550円) = 4,250円
となります。
※消費税別

このように、ガスの使用量に応じてガス料金が決定していることがわかります。

毎月のガス料金の請求額は、以上の計算方法で決まっている場合が多いので一度確認してみましょう。
しかし、プロパンガスの販売店によっては請求書に内訳が書かれていないこともあります。
また、一人暮らしの場合は賃貸住宅に住んでいる方も多いと思うので、その場合は管理会社や大家さんに請求の内訳を確認してみましょう。

プロパンガス料金の計算方法

プロパンガス料金の計算方法

一人暮らしにおける月々のガス代節約術

一人暮らしにおける月々のガス代節約術

ガスの中でもプロパンガスは都市ガスに比べて料金が高くなりがちです。
そこで、少しでもガス代を節約したい人のために、一人暮らしでもできる節約術をここで紹介します。

ガスの使用量を工夫する

ガス代を節約するためには、やはりガスの使用量を減らすことが一番です。

先程の料金システムでもご紹介したように、ガス料金はガス使用量に応じて決定するため、いかに使用量を抑えることができるかが鍵となります。

ガスの使用量を抑えるためには、ガスを最も使用する場所を特定して、そこを重点的に改善していく必要があります。

生活の中で最もガスを使用する場所はお風呂とキッチンです。
以下にそれぞれどのようにすればガスの使用量を抑えることができるかを見ていきましょう。

お風呂

お風呂では、使用するお湯の量を減らすことが最も重要になります。

湯船に浸かる場合は、お湯の設定温度は低めに設定しましょう。

せっかく温めた湯船ですから、中の温度が下がらないようにこまめに蓋を閉めることでも、余計なお湯の追加や温度を上げることをせずに済みます。

また、湯船にお湯を貯めたのであれば、身体を流す際はなるべくシャワーではなく湯船のお湯から使用しましょう。

キッチン

キッチンでは電化製品を積極的に活用することでガスの使用量を抑えることができます。

お湯を沸かすということだけであれば、電気ケトルを活用することで短時間で電気のみで済ませることが可能です。
IHコンロも同様に、ガスを使用することなく電気のみで調理ができます。

調理したものをまとめて作りおきにしておけば、食べる際は電子レンジを使うだけで温かい料理を食べることが出来ます。

キッチンではガスの使用量を抑えることができる分、電気代がかかってしまうので注意しましょう。

プロパンガス料金の節約術18選

プロパンガス代の節約術18選

ガス会社の切り替えも効果的

ガス会社の切り替えをすることでも、ガス料金を根本から見直すことができます。
プロパンガスは自由料金制といって、ガス会社が自由に料金を決定できる仕組みとなっています。
そのため、同じ地域内でもプロパンガスの販売店によって料金が2~3倍の差があることも珍しくありません。

少し単価が違うだけで大きな料金差となる

上述したとおり、プロパンガスの料金システムは以下のようになっています。
「請求額=基本料金+従量料金」

仮に、2つの料金体系の異なるガス会社で上記の例のようにガス料金を比較してみると、どれくらいの差が出るのでしょうか。

例)1か月で8㎥使用した場合

A社:基本料金1,500円、従量単価480円
1,500円(基本料金) + 3,840円(従量料金 8㎥×480円) = 5,340円

B社:基本料金1,500円、従量単価680円
1,500円(基本料金) + 5,440円(従量料金 8㎥×680円) = 6,940円

6,940-5,340=1,600円

このように、従量単価が200円違うだけでも1,600円の料金差が発生します。
年間ですと、19,200円(1,600円×12ヶ月)もの差額になってしまうのです。

つまり、プロパンガス会社を切り替えるだけでこれらの差額を削減することができるのです。

ガス会社の切替え方法

そこで、ガス会社の切り替え方法をご紹介します。

ガス会社を切り替えるには、現在お住まいの地域に対応しているプロパンガス販売店の公式HPや直接問い合わせてみることで、ガス会社の切替えができます。

しかし、そのガス会社が信頼できるかどうかはすぐには判断することが難しいと思います。
基本的にプロパンガスの料金は開示する義務がないので、公式HPに料金体系を載せていないガス会社も少なくありません。

さらに、全国にはおおよそ2万社ものプロパンガス会社が存在しているので、その中から1つずつガス会社を調べて、料金の見積もりをとることは非常に手間がかかり大変です。

そんなときはまちガスへお任せください。
数あるプロパンガス会社の中でもお住まいの地域の料金面、安全面など総合的に厳選したガス会社のみをご紹介しています。
まずは無料で相談や見積もりができるので、お気軽に問い合わせてみてください。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

賃貸物件や集合住宅にお住まいの場合

しかし一方で、一人暮らしをされている方で、賃貸物件や集合住宅へお住まいの方はご自身でプロパンガス会社の変更はできません。

基本的には物件の大家さんや管理会社へ相談する必要があります。

その際にお願いに応じてくれる場合もありますが、より受け入れてもらえるように他の入居者に協力を仰ぎ、署名を集めて大家さんや管理会社へお願いすることも可能です。

これらを踏まえて、賃貸物件を選ぶ際には契約しているガス会社もしっかりと確認しておきましょう。
ガスなどの光熱費は基本的に毎月支払うものなので、契約前に確認して対処しておくことで毎月の無駄なコストを払わずに済むことができます。
賃貸物件でプロパンガスが使われている場合、ガス会社の切り替えは入居者自身だけでなく大家さんにもメリットがあります。
それも含めて入居前に大家さんまたは管理会社へ相談しておくことをおすすめします。

賃貸アパートやマンションのプロパンガス料金が高いのはなぜ?

賃貸アパートやマンションのプロパンガス料金が高いのはなぜ?

プロパンガス料金を交渉して安くする方法

プロパンガス料金を交渉して安くする方法

まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしのプロパンガス料金相場や節約方法について説明しました。
プロパンガスは地域や季節によって使用量や料金が異なります。
現在一人暮らしをしている方や、これから始める方はお住まいの地域の相場を確認しておきましょう。
賃貸住宅の場合は個別でガスの変更はできないので、大家さんや管理会社に相談しましょう。

まちガスではお住まいの地域の最安値のガス会社を探すお手伝いをします。
相場よりも高いな?と感じたら、お気軽にお問い合わせください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!