停電中にプロパンガス器具を使用する際の注意点

停電中にプロパンガス器具を使用する際の注意点

もし台風などの災害で急に停電してしまった場合、プロパンガス(LPガス)器具を安全に使用するにはどうすればいいのでしょうか。
今回は、停電中にプロパンガス器具を使用する際の注意点についてお話します。

ガスメーターが止まった場合の復旧方法

ガスメーターが止まった場合の復旧方法

まずは換気を

停電中は、電動の換気扇が使えません。
換気が不十分なままプロパンガス器具を使用すると一酸化炭素中毒になる可能性があります。
停電中にプロパンガス器具を使用する際は、窓を開けて十分な換気を行うようにしましょう。

得に小型瞬間湯沸器はガスの燃焼量が多いため、使用中はずっと窓を開けておくなどして換気が十分に確保されている状態で使用しましょう。
この際に高い位置の窓を開けただけでは足元にガスが溜まっていることがありますので、勝手口、玄関のドアなどを開けて足元の空気を入れ替えるように意識して下さい。

また、安全上の問題から換気が十分に確保出来ない場合はプロパンガス器具の使用は控えましょう。

プロパンガスの臭いがしたら?原因と対処方法

プロパンガスの臭いがしたら?原因と対処方法

100Vの電源を使用しているガス機器について

給湯器、暖房機器などの100Vの電源を使用しているプロパンガス機器は、停電中は使えなくなります。
該当するガス機器としては、主に以下のようなものが挙げられます。

・ガス給湯器
・追い焚付きガス給湯器
・床暖房温水器
・ガスボイラー

これらの機器は停電中は使用できなくなるので注意しましょう。
また、停電中でも支障なく使用できるプロパンガス機器には、

・瞬間湯沸器
・風呂釜(浴槽の隣についている風呂釜)
・着火を乾電池により行っているタイプのガスコンロ

などがあります。

ちなみに、ガス給湯器は停電によりお湯の温度や風呂の温度が初期設定値に戻ってしまいます。
停電後の初回利用時は、お風呂にお湯を入れる前に温度設定などが変わってないか確認しましょう。

プロパンガスで電気が作れる発電機について

プロパンガスで電気が作れる発電機について

ガス給湯器の凍結に注意

長時間の停電や、電気ブレーカーを落としていると給湯器の凍結防止装置が動きません。
凍結を防止するため、停電が長時間続きそうな場合は給水の元栓を締めて給湯器の水抜きを行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
停電中にプロパンガス器具を使用する際に注意点についてまとめました。
もし停電でお困りの際は、この記事を参考にプロパンガス機器を安全にご使用下さい。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!