プロパンガスの保証金について

プロパンガスの保証金について

アパートなどの集合住宅に賃貸で入居する際、プロパンガス(LPガス)の契約をした後は開栓作業に入ります。

その際、プロパンガス会社に保証金を預ける場合があり、代わりに保証金預り証を受け取ります。
しかし、保証金預り証を紛失してしまうと、退去時に保証金を返金してもらえないなどのトラブルも発生しています。

そこで今日はプロパンガスの保証金にまつわる内容とよく起こるトラブルについて話します。

【この記事のポイント】

✓ プロパンガスの開栓時に入居者が預ける保証金の相場は平均10,000円
✓ 保証金にまつわるトラブルは頻繁に発生している
✓ 契約内容も含めて透明性のある信頼できるプロパンガス会社を選びましょう

プロパンガスでの保証金とは

プロパンガス契約における保証金とはどのようなものでしょうか。

それは、プロパンガス会社が入居者の退去時や料金滞納があった際に、ガス料金の取り損ねを防ぐために保証金を事前に入居者から預かっておくものです。

賃貸物件でよく起こるトラブルとして、ガス代金を支払わないまま退去してしまう入居者がいます。

そのため、リスクを抑える取り組みの一つとして、プロパンガス業者は入居者から事前に保証金としてお金を預かります。
保証金を預ける代わりに、入居者は保証金預り証を業者から受け取ります。

ただし、これは法律で決められていることではありません。
プロパンガス会社が独自で定めており、「預かり保証金制度」などと言われています。

保証金の金額はプロパンガス会社によって様々ですが、一世帯平均で10,000円ほどです。
プロパンガスの使用量が一世帯あたり月4,000~6,000円ほどなので、ガス料金の精算から支払いまで1~2ヶ月かかると想定すると10,000円は妥当な金額と言えます。

一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

いつ保証金を預けるのか

プロパンガスの開栓をするタイミングで保証金を預けます。

ガス開栓には立ち会いが必須となっているので、プロパンガス会社はその時に保証金を預かります。
保証金を預けると、ガス会社から代わりに「保証金預り証」が発行されるので、決して失くさないよう保管しておきましょう。

ガス開栓の際に、保証金が必要なんて知らなかった…なんてことにならないよう、プロパンガス会社は事前の申込みの際に教えてくれるのでご安心ください。

プロパンガスの開栓手順とは?

プロパンガスの開栓手順とは?

いつ保証金は返ってくるのか

使用した最終分のガス代金の支払いを終えた後に返金されます。
退去時のガス閉栓に立ち会った際に、預り証と引き換えに保証金が返金されるのです。

しかし、支払いで口座振替やクレジットカードを利用している場合、ガスの閉栓時期によっては保証金の返金が遅くなる場合があります。
最終分のガス代金の入金の確認が取れてから返金するため、閉栓の立会では返金されず、後日振込みでの返金対応になるガス会社もあります。

また、未納分があったとしても保証金と相殺して精算をしてくれるガス会社もあるようです。

詳しくは事前に契約しているプロパンガス会社へ確認しておきましょう。

この後で紹介するように、保証金を預かっていることで、上手くそれを利用されたトラブルが起きています。
このようなトラブルを防ぐ方法は唯一、契約内容の確認しかありません。

保証金が不要な場合もある

プロパンガス開栓時に保証金が不要なケースもあります。

自己所有の物件

自分が所有している物件の場合は保証金が不要となることがあります。
自己所有の戸建住宅が当てはまります。

自己所有の物件の場合、簡単に引っ越すことが出来ない上に、その家に長く住むケースが多いため、プロパンガス会社もガス料金の回収がしやすいからです。

あくまでもガス会社が保証金を預かる理由は、未払いリスクを避けるためのものであると理解しておきましょう。

保証人を立てる

賃貸物件でも、保証人を立てることで保証金を不要とすることもあります。
他にも、各種公的書類の提出職場への在籍確認などにより、保証金を預けなくても良いケースがあります。

万が一ガス料金を回収しそこねても、ガス会社は保証人へ請求することができますし、入居者の親族や利害関係のある人へ責任を追求することが出来ます。

これほどまで厳しくなった背景には、退去時にガス料金を回収できなくなる事例が増えているためです。

保証金に関するトラブル

保証金に関するトラブル

基本的に保証金は何もなければ全額返金されます。
しかし、保証金に関するトラブルもいくつか発生しているようです。
以下にその事例をご紹介します。

なかったことにされた

プロパンガス会社から預り証を受け取っておらず、保証金の返金がされなかったものです。

通常であれば何も言わずとも預り証の発行はしてくれます。
しかし中にはこちらが何も言わなければ預り証を発行せずに、「保証金を預かった形跡がない」として、なかったことにしてくるケースもあるようです。

必ずプロパンガス会社から開栓時に預り証の受け取りをしましょう。

保証金を相殺された

基本的に保証金は料金の未納トラブルを防ぐためのものです。

しかし、過去に起こった事例では、ガスボンベなどに何らかの不具合が生じたとして、修理代を保証金の中から相殺されたというものです。
ガスボンベは入居者や大家さんの所有物でなく、あくまでもガス会社が貸与しているものになります。
こうした立場を利用したトラブルです。

こうならないためにも契約書の中身を事前に見て、トラブル時の取り決めを確認しておきましょう。

前のガス会社から保証金を返金してもらえない

賃貸物件に入居中に、プロパンガス会社が変更しており、前のガス会社から保証金を返金してもらえなかったケースです。

入居者は前ガス会社に問い合わせても、新しいガス会社へ保証金は引き継いだと言われ、退去時には新しいガス会社から保証金を返金してもらえなかったことでトラブルになりました。
また、保証金の預り証も前のガス会社とのもので、入居者に勝ち目はありません。

集合住宅の賃貸物件の場合、ガス会社の変更は大家さんか管理会社の判断でしか行えないものです。
賃貸物件に入居する前に、管理会社や大家さんとプロパンガス会社変更の際の取り決めをしておきましょう。

また、毎月の請求書に記載されているガス会社名も確認する習慣をつけておきましょう。

【賃貸】引っ越し先がプロパンガスの場合の注意点

【賃貸】引っ越し先がプロパンガスの場合の注意点

預り証を紛失してしまった

預り証を紛失してしまい、保証金が返金されなかったという事例です。

預り証は返金を求めることができる唯一の証拠となるものです。
あくまでガス業者が独自で定め、それに同意して保証金を預け、代わりに預り証を発行して消費者が受け取っているものです。
この場合、預り証を紛失した側が不利になってしまいます。

預り証は受け取ったら必ず保管して紛失しないようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今日はプロパンガスの保証金について説明しました。

保証金は返金されるものですが、預り証がないと返金されない可能性が高いです。
また保証金の返金は退去時となるため、預り証を紛失してしまわないよう注意しましょう。

良心的なガス会社であれば万が一預り証を紛失してしまったとしても、保証金を返金してくれる場合があります。

まちガスでは信頼できるプロパンガス会社探しのお手伝いをします。
お気軽にお問い合わせください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!