2人暮らしのガス代は平均でいくら?

 

記事のポイント
  • 2人暮らしの1ヶ月あたりのガス代の平均は4,488円
  • プロパンガスを契約している場合、都市ガスよりも高くなる傾向にある
  • ガスの使用量をなるべく使わない生活を心がける

夫婦や同棲カップルなど、2人暮らしの毎月のガス代は平均でいくらになるのでしょうか?

新婚さんなど、これから生活を始める方や将来にむけて貯蓄を考えている場合は、毎月の光熱費の目安がわかると助かりますね。

今日は2人暮らしにおける毎月のガス代の平均や、光熱費を少しでも抑える方法を紹介します。

2人暮らしのガス代の平均はいくら?

総務省統計局の調査によると、2019年度の2人暮らしのガス代平均額は4,488円でした。
ただし、ガスにはプロパンガスと都市ガスを合わせたものになっています。

光熱費全体では以下のような結果となっています。

2人暮らしの1ヶ月あたりの水道光熱費平均

2019年度 月々の平均額
電気代 9,654円
ガス代 4,488円
水道代 4,098円
光熱費合計 18,240円

引用 総務省統計局「世帯人員別1世帯当たり1か月間の収入と支出」

また、地方別のガス代の平均をまとめると以下のようになります。
最も平均のガス代が高いのは関東地方で、四国・中国地方、ついで沖縄の順に安くなっています。

寒い地域のほうがガス代が高いのでは?と思うかもしれませんが、北海道や東北地方では石油が主流になっているところも多く、ガスの消費がない分結果的に安くなっています。

地方別2人暮らしの1ヶ月あたりのガス代平均

地方 ガス代平均
北海道 4,047円
東北 4,208円
関東 5,394円
北陸 4,388円
東海 5,295円
近畿 4,971円
中国 3,845円
四国 3,383円
九州 4,217円
沖縄 3,936円

引用 総務省統計局「地方別1世帯当たり1か月間の収入と支出」

あなたの毎月のガス代はいくらでしたか?

上記の結果は平均を表しており、建物の種類や季節などは考慮していないため、あくまでも目安として見てみましょう。

一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

一人暮らしのプロパンガス料金はいくら?

プロパンガスは都市ガスよりも高い傾向にある

プロパンガスは都市ガスよりも高い傾向にある

プロパンガスを契約している場合、都市ガスよりもガス代が高額になる傾向にあるため、先ほどの平均金額よりも明らかに上回ってしまうと思います。

これには主にプロパンガスの供給方法が関係しています。

プロパンガスを消費者が使用するために、プロパンガス販売店はガスボンベにガスを詰めて、トラックなどの輸送車で運びます。
そして各ご家庭のガスボンベと交換・設置をすることで、消費者はプロパンガスを使うことができます。

一方で都市ガスは地下にあるガス管にガスを通すだけで消費者へとガスを届けることができるため、コストが比較的安く済みます。

このように、消費者へガスを届けるまでにかかる人件費などの様々なコストによって料金に差が出てしまっているのです。

プロパンガス料金が高い本当の理由5つ

プロパンガス料金が高い本当の理由5つ

ガス代の節約方法

ガスを頻繁に使用する場所はお風呂キッチンです。
この2つの場所で工夫した使い方をすることでガス代を節約することができます。

簡単にできる節約方法

家の中でもっともガスを使う場所はお風呂です。

お風呂でガス代を節約するためには、沸かす水の量を減らして設定温度を低くすることでガスの使用量を抑えることができます。

2人ともシャワーだけで済ませてしまえばガスの使用量や使用する水の量も抑えることができるので、最もガス代の節約に繋がりますが、お風呂に浸かりたいと思うときもあると思います。

湯船にお湯をはる場合には一度貯めたお湯を無駄なく使うことが重要です。
そして、設定温度は40度を超えない範囲で設定しましょう。

例えば、お湯が冷めないうちに2人のお風呂を済ませてしまうだったり、冷めないように蓋をこまめに閉めるようにすれば、追加でお風呂を温める必要がなくなり、その分のガスを使わずに済みます。

また、体を流す時にシャワーではなく湯船から使えば、その分の水の使用量も抑えることができます。

お風呂では工夫をすることでガス代も水道代も抑えることができるのです。

キッチンでは、火加減の調整やキッチン家電を使用することで、ガス代を抑えて効率よく調理をすることができます。

2人暮らしでも共働きの場合は、そういった使い方で時短も意識することもおすすめします。

その他にもガスを節約する方法を紹介しているので、以下の記事をチェックしてみてください。

プロパンガス料金の節約術18選

プロパンガス代の節約術18選

ガス会社を変更する

究極の節約方法は、毎月のガス料金を見直すことです。
プロパンガス会社の変更でガスの料金単価を下げることができます。

販売店により、毎月のガス料金も料金システムもバラバラです。
同じ地域内でも販売店が違うことで2~3倍の料金の差があることもあります。

ガス料金があまりにも高いと感じる場合は、すぐにガス会社の変更をしましょう。
まちガスではガス会社変更のサポートが無料でできます。

賃貸にお住まいの場合

ただし、賃貸物件にお住まいの方でプロパンガス会社を変更したい場合は、大家さんや管理会社の承認が必要です。

プロパンガス会社は大家さんなどの建物の所有者と契約しているため、各部屋に入居している入居者だけではガス会社の変更は受け付けてもらえません。
そのため、ガス会社の変更をしたい場合は大家さんへ「ガス料金が高い」という事実を元に、相談する必要があります。

大家さんがガス会社変更について了承してから、あとはまちガスにお任せ頂ければ、その後の面倒な手続きはすべてまちガスで行うので安心してください。

賃貸アパートやマンションのプロパンガス料金が高いのはなぜ?

賃貸アパートやマンションのプロパンガス料金が高いのはなぜ?

プロパンガス料金を交渉して安くする方法

プロパンガス料金を交渉して安くする方法

まとめ

いかがでしたか?

今日は2人暮らしにおけるプロパンガスの平均使用量と料金についてお話しました。
あなたの毎月の請求額と比べてみましょう。

もしガス代が高いと感じたら、節約方法をすぐにでも実践しましょう。
ガス会社変更に関しては、まちガスにお任せください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!