冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

毎年冬になると高くなるガス料金に悩まされていませんか?

なぜ冬はガス代が高くなるのでしょうか。

今回は冬場にプロパンガスの料金が高くなる理由についてお話します。

冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

理由その1:冬場の水温の低さ

まず理由として、冬場の気温が低いことが挙げられます。
気温が低ければ低いほど、水を温めるために必要なガスの量が増えます。
夏と冬ではもとの水温が違うので、使用したいお湯の温度が同じ40度でも冬はより多くのガスが必要となります。

そのため、使うお湯の量が一年間変わらなくても、夏場に比べて冬場はガスの料金が高くなる傾向にあります。

理由その2:温かい水を使う頻度が増える

もう一つ冬のガス代が高くなる要因は、他の季節に比べて温水を使用する機会が多くなることにあります。

寒さで身体が冷え切っていると、ゆっくりと湯船に浸かって身体を温めたくなりますよね。
夏場はサッとシャワーだけでお風呂を済ませていても、冬場は浴槽にお湯を張るという方も多いと思います。
また、お湯が冷めにくい夏に比べて、冬はすぐにお風呂が冷めてしまうので追い焚き機能を使う頻度も高くなります。
浴槽に浸からないにしても、シャワーの設定温度も夏に比べて高くなりがちです。

温水の使用頻度が増えるのは、風呂場だけではありません。
冬の寒い朝などに熱いお茶やコーヒーを飲みたくなって、コンロでお湯を沸かす方も多いのではないでしょうか。
また、普段の手洗いうがいや食器洗いなどでもお湯を使う機会が多くなりますよね。

このように普段の生活でお湯を使う機会が他の季節より増えることで、冬にかかるガス代も高くなってしまいます。

まとめ

このように、冬場は水温が低いのでお湯にするために必要なガスの量が増える上に、使用するお湯の量も多くなる傾向があります。
これらの要因から二重にガス料金が高くなりやすいため「冬になると一気にガス料金が跳ね上がった!」ということが起こりうるのです。
ガス代を節約されたい場合は、できるだけ追い出し機能を使わない、お風呂の設定温度を少し下げるなどの手段が有効といえます。

プロパンガス料金を節約するお風呂の使い方

プロパンガス料金を節約するお風呂の使い方

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

もともとガス料金が高すぎる場合、契約しているプロパンガス会社の見直しを行うことで月々のガス料金が大幅に下がる場合があります。
もしプロパンガス会社の見直しを考えられているのであれば、一度まちガスまでご相談下さい。
まちガスでは、無料で優良ガス会社をご紹介します。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さ

error: Content is protected !!