不要になったプロパンガスボンベを処分する方法

記事のポイント
  • カセットコンロ用のガスボンベは各自治体の決まりに従って処分する
  • プロパンガスボンベはガス販売店が管理しているもので勝手に処分はできない
  • プロパンガスの取り扱いは非常に危険なため、すべて業者に任せることが重要

プロパンガスボンベの種類には、戸建や集合住宅に設置するものや、カセットコンロ用の小型のものから工場などで使用する大型のものまで存在します。

ガスボンベの取り扱いには十分気をつける必要があり、ガスボンベを使用したあともそのままゴミとして処分することはできません。
定められた適切な方法で安全に処分する必要があります。

今日は不要になったプロパンガスボンベを処分する方法についてご紹介します。

プロパンガスボンベの種類やサイズについて

プロパンガスボンベの種類やサイズについて

カセットボンベの処分方法

ご家庭や飲食店でもよく使われているカセットコンロ用のガスボンベの処分方法をご紹介します。

カセットコンロ用のガスボンベはお住まいの地域の各自治体によって処分方法が決められています。
各自治体が公開しているホームページなどで確認することができます。
一般的にガスコンロを処分する際の費用はかかりません。

基本的にはガスボンベの中身を空にした状態で処分するように決められています。
ボンベ内のガスを出すためには、ボンベに穴を開けてガスを放出させます。

しかし、穴を開けてガスを放出すると、引火して火災を引き起こす原因となってしまうため、一部の自治体では中身をそのままで処分するところもあります。

中身を空にする場合は、外などの十分に換気されている場所で、ボンベに穴を開けましょう。
もしガスボンベ内を空にできないようであれば、ガスボンベに「中身あり」と油性ペンなどで記載して処分するようにしましょう。

個人で購入したプロパンガスボンベを処分する方法

最近ではキャンプやお祭りなどでプロパンガスが使われるようになり、ガスボンベをレンタルしたり個人で購入したりして使われるようになりました。
8kg以下のガスボンベなので、持ち運びもしやすく、プロパンガスをガスボンベへ充填すること以外は決まりを守れば誰でも行うことができます。

ただし、この場合のプロパンガスボンベは個人で勝手に処分することはできません。
ガスボンベはガス販売店によって1本ずつ管理されており、紛失などがあれば損失になってしまいます。

そのため上記のようなガスボンベは、ガスボンベを購入やレンタルした販売店がガスボンベを引き取ってくれます。
基本的には中身を空にする必要がありますが、メーカーによっては中身があっても回収してくれる業者があります。
ガスボンベの処分に費用がかかることがあるので、販売メーカーに確認しておきましょう。

処分する際の手順は以下の通りです。
・販売店へ電話やメールでの問い合わせ
・見積もりや注文書をもらう
・ガスボンベをメーカーへ持ち込みかメーカーが引き取りに来る
・メーカーから廃棄業者へガスボンベを引き渡し処分
・廃棄証明書の受け取り

プロパンガスをレンタルする方法

プロパンガスをレンタルする方法

プロパンガスを個人で購入して充填する方法

プロパンガスを個人で購入して充填する方法

工業用ガスボンベを処分する方法

工場や事務所などで使われるガスボンベは、一般家庭や集合住宅のように、プロパンガスの販売店が配送・設置をする場合もありますが、ときにはガスボンベごと購入してプロパンガスを使用する場合があります。
その際は、上記で述べたようにガスボンベを使い切った場合に処分や廃棄が必要です。

工業用ガスボンベの処分は十分な注意が必要

工業用のガスボンベ(高圧ガスボンベ)は、高圧ガス保安法と呼ばれる法律で規制されており、取り扱いには十分気をつけなければなりません。

工業用ガスボンベには、プロパンガス以外の可燃性のガスが含まれており、容量も多く、取り扱いを誤ると、有毒ガスの発生や爆発などの大事故につながる恐れがあります。

過去に何件もの工業用ガスボンベによる事故が発生しており、法律で規制され、勝手な処分はNGとされています。

工業用ガスボンベは販売元が処分する

基本的に工業用ガスボンベを処分する際は、販売元の業者が行います。
処分するためにガスボンベを販売元へ返却が必要です。
ただし、購入者以外の業者がガスボンベを返却する場合は委任状などを用いて、代理で行います。

しかし、販売元の業者が倒産や廃業している場合は、代わりに高圧ガス保安協会が処分・廃棄方法についてサポートしてくれます。
困った時は高圧ガス保安協会に相談してみましょう。

工業用ガスボンベの処分業者もいる

使わなくなった工業用ガスボンベを処分してくれる業者もいます。
ただし、販売元ではないので、その分手数料がかかります。
処分依頼をする場合、まずは処分業者の公式ホームページで問合せまたは電話で連絡してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今日は不要になったガスボンベの処分方法について説明しました。
ガスボンベを処分する際には決まりを守って行うようにしましょう。
また、火災などの事故に繋がる可能性があるので、取り扱いには十分気をつけてください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!