LNG(液化天然ガス)の輸入状況と輸入先について

LNG(液化天然ガス)の輸入状況と輸入先について

 

記事のポイント
  • LNGは超低温に冷却して液化させた天然ガスのこと
  • 日本ではLNGは97%を輸入に頼っている
  • LNGの現在の主要輸入国はオーストラリア

LNG(エルエヌジー,液化天然ガス)は都市ガスの原料としても使われる液体状にした天然ガスのことです。

日本では主要なエネルギーとして考えられているのがLNGです。

LNGは都市ガスの主原料や、火力発電所の燃料として利用されていますが、約97%を輸入に頼っており、日本は世界全体で貿易されるLNGの3分の1にも及ぶ大きな量を輸入しています。

このLNGはどんな国から輸入されているのでしょうか。

今回はLNGの輸入状況や輸入先についてご紹介します。

天然ガスの輸入先

天然ガスの輸入先

日本は多くの天然ガスを輸入で賄っていますが、その主な輸入先は、主にオーストラリア、カタール、マレーシアから輸入しているほか、最近は、シェールガスにより生産が伸びたアメリカからも輸入するようになりました。

日本の液化天然ガス(LNG)の主な輸入先

天然ガスは、主にオーストラリア、カタール、マレーシアから輸入しているほか、最近は、シェールガスにより生産が伸びたアメリカからも輸入するようになりました。
石油は、主にサウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールなどの中東の国々から、石炭は、主にオーストラリアやインドネシアなどから輸入しています。日本は、エネルギーの輸入を通して、いろんな国々と結びつきを持っています。

日本の液化天然ガス(LNG)の主な輸入先日本の液化天然ガス(LNG)の主な輸入先の図

東京ガス 天然ガスはどこから運ばれてくるのより引用

天然ガスの分布

天然ガスは世界に広く分布しています。

石炭資源は、世界のあちこちにあり、安定していますが、固体であるため一度に多くを運ぶことができないため、輸送費用がかかります。

また、石油資源がある多くの国は中東に集中しています。
そのためその地域で紛争があった場合、供給の不安定や価格の値上がりといった影響を受けやすくなります。

それに比べて天然ガス資源は、中東以外にもヨーロッパ・ロシア、アフリカ、中・南アメリカ、北アメリカなど世界に広く分布しています。
そのため万が一地域的な紛争があった場合でも、それ以外の地域から安定して天然ガスを確保することができます。

LNGとは?天然ガスや都市ガスとの違い

天然ガスの埋蔵量について

天然ガスの埋蔵量について

 

天然ガスの埋蔵量は、2020年時点で、全世界に約198.8兆m3が確認されています。

現在と同じ消費スピードが続くとすると約50年枯渇することはない量です。
これは石油に比べても長い数字です。

しかも新しいガス田が発見されたり、技術が開発されることでシェールガスなどの非在来型の天然ガスを採掘できるようになっており、その度に少しずつ伸びています。

こういった現在生産されていない天然ガスを加えると、150年以上枯渇しないほどの量になると考えられています。
しかし無限のエネルギーではないので、枯渇するエネルギーでもあるということも忘れてはいけません。

主力エネルギーを従来のものから新エネルギーに替えるにはすぐには出来ず、技術開発やインフラ整備などを必要とし、数年から数十年はかかります。
化石燃料が枯渇してから、次のエネルギーを模索することは手遅れになります。

そのため、次世代のエネルギーを模索し、開発し続けていく必要があります。

天然ガスは世界各地に広く豊富に埋蔵されており、可採年数は50年といわれています。また、現在も新しいガス田が世界中で開発され、長期にわたる安定供給が見込まれています。

天然ガスの特性

西武ガスホールディングス 天然ガスの特性より引用

LNG(液化天然ガス)の温度はどれくらい?

天然ガスの取引について

天然ガスの取引について

日本は約50年前に輸入を開始するなど先駆けていて、現在も非常に多くの天然ガスを輸入しており、世界の取引量の中でも最大の輸入量の約2割という大きな割合を占めています。

天然ガスを取引する際の輸送方法について

天然ガスの大量輸送方法は二つあります。
一つはパイプラインによる輸送で、天然ガスに圧力をかけて圧縮して輸送します。
1930年代頃にアメリカで始まった方法です。
現在ではロシア連邦や北アフリカからヨーロッパ諸国への天然ガスの輸出のほか、中央アジア、中東、中華人民共和国などで使用されています。
もう一つが超低温まで冷却して液化させたLNGを専用のLNGタンカーで輸送する方法で、中東やオーストラリア、東南アジアから日本や韓国への輸送に多用されています。

日本は利用する天然ガスのほとんどを輸入に頼っており、主にオーストラリアなどからLNGタンカーを使って運ばれてきます。

また、天然ガスは国内消費量の増加に伴い、輸入量はこの10年間で約1.2倍に増加しています。

日本の場合、タンカーで搬入されたLNGは、港湾部を起点とするパイプラインで火力発電所や都市ガス事業者に送られます。

輸入するときは専門の設備でまず冷やして液化し、その後船に冷やしたまま入れて運びます。
日本に着いた後も、冷却してLNGの状態のままで保っておき、使うときに温めて気体にして使います。

また、LNGを運搬する船の海難事故は極めて少ないという特徴もあります。

大規模なガス爆発やガス漏洩を含む環境破壊事故は一度も発生していません。

現在は日本で発掘はほとんどされていないために、世界各地から輸入しています。

世界全体の天然ガスの取引量

世界全体では4851億㎥という非常に多くの量が取引されています。

近年は中国や東南アジア各国の経済成長とともに天然ガスの需要も高まってきています。
LNG開発・調達から必要な設備の建設でノウハウを持つ日本企業が進出する余地が大きい分野でもあります。

世界のLNG貿易量(2018年)

世界のLNG輸入量の7割はアジアが占めています。中でも日本は世界のLNG輸入量の約2割を占める世界最大のLNG輸入国となっています。

出典:BP「Statistical Review of World Energy 2020」を基に作成

一般社団法人日本天然ガス協会天然ガスの取引量より引用

日本の天然ガス輸入量

日本の天然ガスの輸入量は10年前に比べ大きく変化しており、2009年には主にインドネシアやマレーシアなどから輸入していましたが、2019年にはオーストラリアなどが主要な輸入国となり、取引量全体も大幅に増加しています。

2009年の輸入実績

輸入国 輸入量
インドネシア 1,275t
マレーシア 1,257t
オーストラリア 1,246t
カタール 801t
ブルネイ 599t
アラブ首長国連邦 509t
ロシア 434t
オマーン 279t
赤道ギニア 135t
その他 101t

2019年の輸入実績

輸入国 輸入量
オーストラリア 2,997t
マレーシア 994t
カタール 859t
ロシア 631t
ブルネイ 425t
アメリカ合衆国 417t
パプアニューギニア 360t
インドネシア 337t
オマーン 295t
アラブ首長国連邦 144t
ナイジェリア 106t
その他 84t

米国では2000年代半ばから「シェール革命」によって天然ガスの生産が大幅に増えました。
今後も拡大が予想されており、国際エネルギー機関(IEA)によれば、25年には世界の純輸出シェアで米国は1割を超す見通しと言われています。

日本でも米国からの輸入などが増えていくことが予想されます

このように、LNG調達先は変化しながら多様化していきます。

天然ガスとは?種類や環境特性について

まとめ

いかがでしたか?

今回は天然ガスの輸入状況や輸入先について説明しました。

天然ガスは日本が世界でも最大の輸入国で、輸入の歴史も長い国です。
10年でも輸入先の国は大きく変化していきますが、現在の主要輸入国はオーストラリアとなっています。
今後はアメリカ合衆国などが大きく増えていくと予想され、輸入量や輸入先は変化し続けていくと予想されます。

天然ガスは石油資源に比べるとクリーンで豊富な資源のため、今後も継続的に輸入されていきます。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!