【時短・除菌・節約】ガス乾燥機の特徴とメリット・デメリット

 

記事のポイント
  • ガス乾燥機のメリットは圧倒的な早さと毎日のかかる光熱費が安いこと
  • 衣類乾燥を時短できるだけでなく、ウイルスや臭いの原因菌の除去もできる
  • 初期費用も割高で設置スペースも必要なため月々のトータルコストを考慮して検討する

プロパンガス乾燥機のメリットは衣類を乾かすまでの圧倒的な早さと、かかる光熱費が安いことです。

雨の日でも毎日の洗濯は欠かせませんよね。
外に干すことができなので、部屋干しをするしかありません。
時間がたってもなかなか乾かず、生乾きの臭いも気になります。

そんなときにおすすめなのが「ガス乾燥機」です。
洗濯物を乾かすときにガス衣類乾燥機を使用すると短時間で乾き、ふんわりとした仕上がりにすることができます。

乾燥機には電気式とガス式の2つがありますが、今日はその二種類の乾燥機を比較しながら、乾燥機の特徴やメリットとデメリットについてお話します。

ガス乾燥機の特徴

ガス乾燥機とはプロパンガスや都市ガスなどのガスを利用した衣類乾燥機のことです。

一般的な電気式の衣類乾燥機は洗濯機と一体になっているものも多く、設置工事などが不要なため、多くのご家庭で普及しています。
本体価格も比較的リーズナブルですが、乾燥までに3時間程度とかなりの時間がかかってしまいます。

それに比べガス乾燥機は、熱量の高いプロパンガス(LPガス)や都市ガスで衣類を乾燥させるため、乾燥させる時間が電気式に比べ速いです。

そのため設置工事は必要になりますが、電気式に比べると同様の量の洗濯物でも1時間以内とかなりの短時間で乾燥を終わらせることができます。
街中にあるほとんどのコインランドリーではガス乾燥機が使われています。

梅雨の時期や寒い時期、花粉症の時期など外で洗濯物を乾かせないときに非常に役立ちます。

ガス乾燥機のメリットとデメリット

ガス乾燥機のメリットとデメリット

ここからはガス乾燥機のメリットとデメリットを紹介します。

ガス乾燥機メリット

短時間で衣類が乾く

ガス乾燥機は衣類が乾くまでのスピードが圧倒的に早いです。
電気乾燥機に比べ、ガス乾燥機を利用する方が熱量が高いため、一気に大量の洗濯物を乾かすことができます。
5kgほどの洗濯物の場合、ガス乾燥機を使えば1時間以内で乾燥させることができます。

電気式乾燥機の約3分の1程度の時間で乾燥を終わらせることが可能です。

製品 乾燥時間
ガス衣類乾燥機 約50分
電気式衣類乾燥機
(ヒートポンプ式・省エネモード)
3時間~4時間
電気式衣類乾燥機
(ヒーター式・ドラム式)
約2時間
浴室乾燥機 約3時間

日々の光熱費が安い

ガス乾燥機は一回の乾燥にかかるコストが意外と安く、非常にお得です。

5kgほどの洗濯物を乾かす際の光熱費は、プロパンガスで約90円、都市ガスで約40円ほどです。
毎日1回使用したとしても月1,500~3,000円程度の光熱費なので、外で洗濯物を乾かす手間を考えると非常に便利です。

最新式のヒートポンプ式の電気衣類乾燥機は非常に安価な電気代で乾燥を行うことも可能ですが、室温によっては乾燥に非常に長い時間がかかってしまうことも特徴です。

とくに梅雨のシーズンは4時間以上もの時間がかかる場合もあります。

製品 光熱費
ガス衣類乾燥機 約52円(都市ガス)
約90円(LPガス)
電気式衣類乾燥機
(ヒートポンプ式・省エネモード)
約35円
電気式衣類乾燥機
(ヒーター式・ドラム式)
約120円
浴室乾燥機 約174円
家電製品の消費電力を知って効率よく節約しましょう

家電製品の消費電力を知って効率よく節約しましょう

ふんわりと仕上がる

ガス乾燥機を使うと、衣類の仕上がりがとても良くなります。
強い熱量で温風を送るので、衣類の繊維を根本から立ち上げることができるので、ふんわりとした仕上がりになります。
ガス乾燥機で乾かしたタオルはとても肌触りが良く、「天日干し以上」の効果があります。

花粉や空気汚染の心配がない

洗濯物を外に干さないので、空気による汚れや花粉が付着する心配はありません。
また、乾燥機内は高温の温風で乾かすため、ダニやカビの発生を抑えることができます。
生乾き臭などの悪臭の原因菌も除去することができます。

安全設計

ガス乾燥機の運転中にうっかりドアを開けてしまっても、自動で乾燥機のドラムが停止する機能がついています。
また、不完全燃焼を防止する立ち消え安全装置や、過熱防止装置漏電安全装置などの機能も備えており、安心して使うことができます。
運転中の音も非常に静かで、読書をしていても気になりません。

デメリット

初期の導入費用が高い

ガス乾燥機本体の価格と取り付けの工事の相場が20万円ほどです。
最近では、ガス乾燥機のリース利用もあり、毎月の費用にメンテナンス費用なども含まれているので、安心して使用することができます。

ただし、マンションやアパートなどの集合住宅やオール電化のご家庭では、ガス管の工事そのものが必要な場合があるので、導入を検討している場合は管理会社や大家さんへ確認してみましょう。

設置スペースの確保が必要

ガス乾燥機で有名なリンナイの「乾太くん」の5kgタイプの本体サイズは「高さ684×幅650×奥行641mm」と、同じ要領の一般的な衣類乾燥機とほぼ同程度の大きさではありますが、奥行きが少し広くなっています。
そのため、設置するスペースを確保しなければいけません。
乾燥機を設置するための専用ラックを取り付ければ、天井高を生かして置くことができます。

お住まいの建物がオール電化や集合住宅の場合は、設置工事の他にガスの配管工事も必要になり、さらに設備費用がかかります。
コストパフォーマンスは良いですが、ご家族や生活状況とメリットを比べて購入をおすすめします。

【徹底比較】プロパンガスとオール電化の光熱費

【徹底比較】プロパンガスとオール電化の光熱費

まとめ

いかがでしたか?

今日はガス乾燥機の特徴とメリットとデメリットについて紹介しました。
ガス乾燥機は乾燥までが短時間なので、家事の負担を減らしてくれて、コストパフォーマンスも非常に高いものです。
また、衣類についた菌の除去や花粉や空気の汚れの付着がないのでお子様にも安心です。

ガス乾燥機の購入を検討している方は、プロパンガス会社の切替もご検討ください。
ガス会社の切り替えによってプロパンガス料金を安くすることができます。

月々のプロパンガス料金を抑えることで、ガス乾燥機の導入費用も補うことができるかもしれません。
まちガスではガス会社切替のお手伝いをしています。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!