エコキュートについて

エコキュートについて

みなさん、エコキュートというものをご存知ですか?
今日はこのエコキュートについてお話します。

エコキュートとは

エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」と言います。
これは、ヒートポンプ技術を利用してお湯を沸かすシステムです。

エコキュートは電気でヒートポンプユニットを動かします。
このヒートポンプユニットとは簡単に言うとエアコンの室外機のようなものです。
これが空気中の熱を集め、その熱を使ってお湯をわ沸かすという仕組みです。

このように、エコキュートとは電気でお湯を沸かすため、ガスは使用しません。

エコキュートのメリット

エコキュートのメリットは以下になります。

省エネで電気代が安くなる

エコキュートは深夜電力を使用するため、給湯にかかる電気代が安くなります。

断水時には非常用水として使用できる

断水したときにはタンク内の水を非常用水として使用できます。

停電が起きてもタンクから水を取り出せる

万が一停電が起きてもタンクから水を取り出せるので災害時にも活躍します。

エコキュートのデメリット

エコキュートのデメリットは以下になります。

すぐにお湯が出ない&湯切れが起こる

エコキュートは蛇口をひねってからお湯が出てくるまで時間がかかります。
また、タンクにお湯を貯めているため、一度に大量に使用すると湯切れを起こします。

低周波騒音による健康被害

エコキュートのヒートポンプは深夜に動き、低周波が出ます。
これが不眠などを引き起こし、隣人とのトラブルになるケースがあります。

故障が多く、修理代が高い

エコキュートは機器が複雑であり、故障が多いです。
また、自分で修理することが難しく、専門業者に依頼するため、修理代が高くつく傾向にあります。

なぜまちガスはエコキュートの話をするのか

ここからが本題です。
先程もお話しましたが、エコキュートは電気で動きます。
プロパンガスは使用しません。

そうすると、まちガスの出番がないように思えますが、そうではありません。
まちガスに来るお問い合わせに、エコキュートからプロパンガスに切り替えたいというご要望が非常に多いのです。

・エコキュートを使用していたがすぐ故障する。
・修理代が高すぎる。
・低周波騒音による健康被害が怖い

といった、まさにエコキュートのデメリットでお困りのお客様が多いようです。
さらには、省エネで電気代が安いという部分を売りにしていたエコキュートですが、電気代は東日本大震災以降、年々値上がりしています。

電気代の推移

※参考 東京電力ホームページ「平均モデルの電気料金」より

このような状況下で結局トータルコストが割高になってしまうエコキュートからプロパンガスに切り替えたい、戻したいというご要望が多いです。
まちガスは安いプロパンガス会社を無料で紹介するのがお仕事なので、このようなお悩みをお持ちのお客様には大変喜ばれます。

さらに、以前プロパンガスを使用していたお客様であれば、配管が残っている場合も多く、切り替えもよりスムーズに行えます。

まとめ

これまでエコキュートを使用していた方もまちガスを通して安いプロパンガス会社に切り替えたり、戻すことができます。
エコキュートにはないプロパンガスの強みは、

・原油安で値下げ傾向にある。
・騒音問題はなし。
・水質に問題なし。
・維持費用がかからない。

が挙げられます。
エコキュートからプロパンガスへの変更をご検討の方はぜひまちガスにお問い合わせください。
お客様がお住まいの地域で一番安い、優良ガス会社を無料でご紹介します。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。