都市ガスの自由化について

 

記事のポイント
  • 2017年に都市ガス・簡易ガスの小売販売が全面自由化された
  • これまでは公共料金として価格やサービスが同一だったが、自由に選べるようになった
  • プロパンガスは以前から自由販売されている

電力の自由化と同じように、2017年4月に、都市ガスや簡易ガスなどの小売販売も自由化をされました。

ガスの自由化でプロパンガスに起きた変化や影響などをご紹介していきます。

都市ガスの自由化とは

都市ガスの自由化とは

都市ガスの自由化は2017年に実施された、都市ガス・簡易ガスの小売販売を自由化するという制度のことです。

「ガスの自由化」は「電力の自由化」と合わせて話題になったため、耳にした事がある方も多いと思います。

電力と同じくエネルギー産業のシステム改革を目指す目的で、2016年4月の電力の小売全面自由化につづいて、2017年4月に実施されたのが都市ガス・簡易ガスの小売全面自由化です。

ガスの小売全面自由化とは
2017年4月1日、都市ガスの小売全面自由化がスタートします。
現在、敷設されているガス管を利用して、これまでの都市ガス会社だけでなく、新しく参入する会社もガスを供給・販売することができ、消費者は会社を選ぶことができるようになります。

経済産業省 資源エネルギー庁 ガスの小売全面自由化とはより引用

都市ガスが自由化されるまではどうなっていたのか

2017年に都市ガス・簡易ガス小売販売が自由化されるまでは、ガスを供給・販売するのは、東京ガスや大阪ガスといった国の認可を得た都市ガス会社だけが独占的に行なっていました。
それぞれに担当する地域ごとに分かれていたので、地域ごとに都市ガスの販売会社はひとつしかなく、選ぶことができませんでした。

そのため、自分の買いたいガス会社から選ぶ、ということができませんでした。

また、自由化される以前はガス会社がそれぞれの世帯にガスを販売する時には、販売料金の規制もされていました。
ガス会社が独自の判断で料金を上げたり下げたりすることができず、固定された料金で変動することができなかったのです。

このように、自由化以前は都市ガスも水道と同じような公共料金だったのです。

簡易ガスとは

簡易ガスとはプロパンガスと同様のガスを使用しますが、70世帯以上の集合住宅などで導管供給方式と呼ばれる方法で供給されるガスの販売形態を言います。

2017年の自由化に伴い簡易ガスはガス小売業の一部として統合されたため、現在はコミュニティーガスと呼称しています。

液化石油ガス(LPガス)が家庭用燃料として普及しはじめたのは、昭和30年頃からですが、昭和30年代後半から都市周辺部で急増した住宅団地にLPガスを導管で供給する「導管供給方式」が各地で採用されるようになりました。
このような中、導管供給方式の規制のあり方が問題となり、政府は総合エネルギー調査会(ガス部会)にその取扱いを諮問し、昭和43年7月のガス部会報告に沿って一定規模以上の一つの団地に対する導管供給事業を公益事業として扱うこととし、昭和45年4月のガス事業法改正により、70戸以上の団地について簡易ガス事業として規制されることになりました。
これに伴い、既に昭和43年9月に設立されていた全国簡易ガス協議会を昭和45年9月に発展的に解散し、日本簡易ガス協会が設立され、昭和45年10月社団法人の許可を受け、社団法人日本簡易ガス協会が誕生しました。
その後、公益法人改革の一環で、国の移行の認可を得て、平成23年4月から一般社団法人に移行し、日本コミュニティーガス協会と改称しました。
平成29年4月に改正ガス事業法が施行されたことにより、法律上、旧簡易ガス事業は「ガス小売業」の一部(ガス事業法第2条第1項括弧書きに規定するものに係るガス小売業)となりました。協会ではこれを「コミュニティーガス」と呼称し、一層の普及拡大に努めております。

一般社団法人日本コミュニティーガス協会 協会についてより引用

プロパンガスと都市ガスの違いについて

プロパンガスと都市ガスの違いについて

都市ガスを自由化した目的

都市ガスを自由化した目的

都市ガス・簡易ガスを自由化した目的は大きく4つあります。

  1. ガスの安定供給ができる体制を確保する
    安定的な供給を確保するために、都市ガス導管網の整備や、相互の接続を促進すること。
  2. 料金を抑制する
    エネルギー事業者間の競争や、他業種・他地域からの参入をうながして、料金を最大限抑制すること。
  3. 利用者の選択肢を増やす
    需要家にとっての選択肢を増やすとともに、他業種・他地域からの参入や新技術の活用を通じて、事業者の事業機会を拡大すること。
  4. 新規参入による利用方法の拡大
    燃料電池やコージェネレーションなど新たな利用方法を提案できる事業者の参入を促進することなどで、天然ガス利用方法の拡大を図ることです。

これら4つを通して、国際展開も視野に入れたガス事業の産業競争力を強化し、ひいては海外市場でも戦える総合エネルギー企業を創出することを最終的な目的としています。

参考 資源エネルギー庁 実施から1年、何が変わった?ガス改革の要点と見えてきた変化

つまり、都市ガス利用者側から見たときに、価格を抑え、選択肢を増やすことが期待できる、という狙いがありました。

都市ガスを引っ越し先で使用開始する手続きについて

都市ガスを引っ越し先で使用開始する手続きについて

都市ガスの自由化で変わったこと変わらなかったこと

都市ガスの自由化で変わったこと変わらなかったこと

2017年の都市ガスなどの小売全面自由化で何が変わり、何が変わらなかったのでしょうか。

都市ガスの自由化で変わったこと

都市ガスの小売販売自由化で変わったことは大きく2つです。

1.都市ガスを供給する会社を選ぶことができるようになった。

従来はそれぞれの地域ごとの決められた都市ガス会社からしかガスを買うことができませんでしたが、小売販売が自由化されたことで、その地域で供給している会社であればどこからでも買うことが出来るようになりました。

2.新しい料金やサービスを利用できるようになった。

それぞれの都市ガス会社や新規参入の会社が用意する料金やサービスを自由に選ぶことができました。
これまでは公共料金として販売価格やサービスが一定でしたが、小売料金が自由競争で販売されるようになったため、価格やサービスなどが供給する企業が自由に決めることが出来るようになりました。

都市ガスが自由化されて以降、実際に変わったこと

2020年7月に経済産業省・資源エネルギー庁から発行された電力・ガス小売全面自由化の進捗状況についてによると、都市ガス事業に34社新規参入や越境販売があり、スイッチング(他社への乗り換え)も少しずつその割合を増やしているとしています。

都市ガスの小売価格もこの3年間で少しずつ下がる傾向にあります。

都市ガス市場が少しずつ活性化してきていると言えるでしょう。

  • 小売全面自由化後、家庭用の契約で、他社へ契約変更するケースが増えており、その割合は2020年6月末時点で、家庭用契約数全体のおよそ14.7%となっている(総数は373万件)。
  • 中部・北陸、関東、近畿で特に伸びており、関東が初めて全国平均を上回った。
経済産業省資源エネルギー庁 電力・ガス小売全面自由化の進捗状況について

経済産業省資源エネルギー庁 電力・ガス小売全面自由化の進捗状況についてp21より引用

都市ガスの自由化で変わらなかったこと

都市ガスの小売販売自由化で変わったことは大きく2つです。

1.保安点検の実施や緊急時の対応はそのまま

ガス設備の定期保安点検や緊急時の対応は、新規参入の会社を選んでもこれまでどおり提供されます。

2.新しい会社でも、ガスの品質はそのまま

従来のガス管から供給される都市ガスであれば、会社が違っても品質は変わりません。

知らない人も多く、まだまだ乗り換えがすすんでいない

2017年に都市ガスの小売販売は自由化されましたが「良くわからない」「知らない」という方が多いのも現状です。

経済産業省が外部委託で行なった令和元年度のアンケート調査でも、

  • ガスの自由化の内容を知らない人は全体の80.8%
  • ガス会社の乗り換えをしておらず、新たに乗り換えを考えていない人は全体の72.8%

と、多くの方がガス会社を乗り換えて価格を見直そう、という行動を取っていないことがわかります。

ガス会社を見直すことで普段の生活にかかる光熱費を抑えたり、ガス会社のサービスをうけることができますが、多くの方が「今まで使い慣れたところが安心な気がする」「乗り換えるメリットがよくわからない」と言った漠然とした理由で乗り換えが出来ていないのが現状です。

多くの方が損をしている状態と言えるでしょう。

参考
経済産業省 委託調査報告書
インテージリサーチ 電力・ガス小売自由化における消費者の選択行動アンケート調査事業

プロパンガスから都市ガスへ切り替える方法

プロパンガスから都市ガスへ切り替える方法

プロパンガスは自由化に関係がある?

プロパンガスは自由化に関係がある?

「ガスの自由化」という言葉が先導していたため、「プロパンガス」も同じタイミングで自由化されたと思った方も多いと思います。
しかし、プロパンガス(LPガス)は元々小売販売が自由に行われており、今回の小売販売の自由化とは全く関係がありませんでした。

Q.ガスの小売全面自由化って、どういうことですか?
A.2017年4月1日より、ご家庭向けを含むすべてのガス小売事業への新規参入が可能になることです。 新規参入を通じた競争の促進が期待されるとともに、すべての消費者がガス会社や料金メニューを選択できるようになります。 LPガスはもともと自由化されており、これまでどおり販売事業者を自由に選択することができます。

経済産業省 資源エネルギー庁 ガスの小売全面自由化 よくある質問より引用

都市ガスは2017年に小売全面自由化されたということはご紹介しましたが、それではプロパンガスは実際にいつから自由販売化していたのでしょうか。

実は、プロパンガス(LPガス)は一度も規制があったことはなく、プロパンガスが日本の一般家庭で使われるようになったと言われている1950年代のはじめ頃からずっと自由価格で販売されています。

電気や都市ガスがこれまで公共料金で、自由化がつい最近のことだったことや、光熱費は公共料金というイメージが強かったためか、プロパンガスが自由価格で販売されていることを知らない方も多いのが現状です。

ガス自由化に伴う悪徳な訪問販売も

今回の都市ガスの自由化に伴い、「プロパンガスも自由化しました」と誤った情報を伝える悪質な訪問販売事業者なども出てきているので注意が必要です。

このような訪問販売は契約内容にも問題が有るケースも少なくなく、警察などでも注意喚起が行われています。

参考 公益社団法人 神奈川県LPガス協会 LPガスの身近なトラブルにご用心!

プロパンガスが自由化しました、という言葉はウソで、そういった言葉を使う事業者には注意するようにしましょう。

ガス自由化とプロパンガス

ガス自由化とプロパンガス

まとめ

いかがでしたか?

今回は都市ガスの小売販売の自由化についてまとめました。

2017年の自由化で、これまで自由販売されていなかった都市ガスや簡易ガスが自由に販売できるようになったため、ガスの品質やもしものときの保安はそのままに、複数の会社から選べるようになりました。

どのようなガス会社を選ぶのが一番いいか、比較して検討してみるといいでしょう。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!