【引越し】粗大ゴミの処分方法6選

 

記事のポイント
  • 粗大ゴミは自治体によって品目や処分費用が異なります
  • 家電はリサイクル法により処分方法が決められています
  • 処分方法にはメリットとデメリットがあるのでそれらを踏まえて選択しましょう

引っ越しでは荷造りや転居の手続きなどと合わせて、ゴミや不用品の処分をしなければなりません。

きちんと引っ越し日へむけて計画的に処分しないと、新居へ一緒に持っていくか、処分するのに割高な費用を支払うといった事態になりかねません。

そこで今日は引っ越しにおける粗大ゴミなどの不用品の処分方法についてご紹介します。

粗大ゴミとはどのようなもの?

粗大ゴミは自治体によって粗大ゴミに該当するものや種類、処分方法は異なります。

そのため、どれが粗大ゴミに該当するのかに関してはお住まいの自治体のホームページなどで確認する必要があります。

「〇〇市 粗大ゴミ」などとインターネットで調べると出てきます。

一般的には30センチ以上の大きさのあるゴミを粗大ゴミとしていますが、各自治体によって異なります。

粗大ゴミとして捨てられないものがある

ただし、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4品目は粗大ゴミとして処分することができません。

これらは家電リサイクル法によって処分方法が決められています。

以下の方法で処分することができます。

  • お住まいの地域の市区町村へ問い合わせる
  • 家電量販店などで同品目の製品を買うときに、店頭で引き取りを依頼する
  • 指定の場所へ自分で持ち込む

リサイクル処分に必要な料金はメーカーや処理所によって変わるので、事前に確認しておきましょう。

粗大ゴミの処分方法6つ

粗大ゴミの代表的な処分方法は以下の6つです。
それぞれのメリットやデメリットがあるので、それらを踏まえて不用品の処分方法を検討しましょう。

処分方法① 自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する

最も一般的な処分方法は、お住まいの地域の自治体に粗大ゴミの回収を依頼する方法です。

自治体の回収サービスを利用するメリットとしては、粗大ゴミは基本的にすべて回収することができる点です。
また、不用品回収業者に依頼するよりも安く処分できます

しかし、回収する日時が指定されるため、処分を急いでいる場合はスケジュールが合わないなどで利用しにくい点がデメリットと言えます。
また、不用品を引き取り場所(建物の1階など)まで持っていかなければいけないので、大型で重い不用品を依頼したい場合は運ぶのが大変です。

その他にも回収する品目に制限がある、買取ではない点には注意が必要です。

自治体の回収サービスを利用する場合は、電話やインターネットでお住まいの地域の自治体へ連絡し不用品回収を依頼します。
その後、不用品処分をする地域の市区町村にあるコンビニやスーパーなどで「粗大ゴミ処理券」を購入し、処分したい不用品に指定された枚数を貼り付けて、指定日時に引き取り場所まで運びます。

処理にかかる費用や品目については、お住まいの地域の自治体のホームページで確認しましょう。

処分方法② リサイクルショップに売る

近くにリサイクルショップがある場合は、不用品を持ち込むことで買取をしてくれます。
リサイクルショップによっては出張買取サービスもあるので、自分の好きなタイミングで処分することができます。
不用品でも、処分費用がかからない、買取により少額でもお金になるという点はメリットです。

ただし、あまりにも古いものや価値のないものは買い取ってもらえないことがあるので注意しましょう。

リサイクルショップに査定を依頼する際は、できるだけ品物はきれいにしておくことがおすすめです。

処分方法③ オークションサイトで売る

オークションサイトやフリマサイトを活用することで、不用品を中古品として売ることができます。

買取に比べて高く売れたり、不用品だと思っていたものが高く売れたりすることがあるのでおすすめです。

ただし、いつ売れるかがわからないことや、出品や配送手続きに手間がかかることがデメリットです。

引っ越しで出品を考えている場合は、なるべく早めに出品したり、スタートの金額を低くしたりすると売りやすくなります。

処分方法④ 不用品回収業者に依頼する

不用品の処分を急ぐ場合は、不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

連絡すればすぐに引き取りをしてくれることや、不用品であればほとんど回収してくれます。
また、軽トラックに不用品載せ放題というサービスもあるので利用してみましょう。

しかし、自治体の処分サービスに比べて割高であったり、買取ではないためにお金にはならない点に注意が必要です。

処分方法⑤ 使ってくれる友人に譲る

もし周りの友人や知人で使いたい人がいれば、そのまま譲ることもできます。

ただし、友人や知人によって渡せるものが選ばれたり、相手が見つからないと手元に残ってしまうこともあります。

処分方法⑥ 引っ越し業者に回収を依頼する

引っ越し業者も不用品処分をしてくれます。

メリットとしては、引っ越し当日に処分することができるため、とても便利です。

ただし、引っ越し業者が対応していないことがあったり、依頼できたとしても割高になってしまうことがあります。

まとめ

いかがでしたか?

今日は引っ越しにおける粗大ゴミや不用品の処分方法について紹介しました。

引っ越しでは計画的に不用品を処分しないと間に合わなかったり、余計な費用がかかってしまうことがあるため、早めに対策を考えて進めましょう。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!