中古の戸建住宅もプロパンガス料金は安くなる

中古の戸建住宅もプロパンガス料金は安くなる

中古で戸建住宅を購入した場合、前の所有者がプロパンガスを利用していると、そのまま同じガス会社を利用するという風潮があります。

しかし、ちょっと待ってください。

前の所有者と同じプロパンガス会社と契約する必要はないのです。

中古の戸建住宅を購入したら

中古の戸建住宅を購入すると、たくさんの手続きをしなくてはなりません。

売買契約はもちろん、住民票の移動、電気、水道、インターネットなど、多くの事務手続きの中で、プロパンガスの手続きをする際には特に注意してください。

プロパンガスは都市ガスとは異なり、自由料金であり、ガス会社をお客様ご自身で選ぶことができます。

前の所有者と同じガス会社を選ぶ必要は全くありません。

もし、前の所有者と同じガス会社と契約したら、そのガス会社の思うツボです。

あなたはガス会社に言われるがままの高いガス料金を支払い続けることになります。

どのガス会社が安いか知りたい場合

もし、あなたがこの記事を読んで、

「安いプロパンガスと契約したい」
「でも、どのガス会社が安いのか分からない」
「安いプロパンガス会社を知りたい」

と思ったら、すぐにまちガスにお問い合わせください。

まちガスはお客様のお住いの地域で最安値のプロパンガス会社を無料でご紹介します。

そして、そのガス会社の料金がいくらなのかを説明します。

プロパンガスの料金は自由料金であることは先にもお話しましたが、エリアによっても料金に違いがあります。

もちろん、切り替えるかどうかはお客様ご自身でご判断ください。

まちガスはお客様にプロパンガス会社の変更を強制するようなことは一切ありませんのでご安心ください。

お客様の中には前の所有者と同じガス会社の料金が地域最安の場合もあります。

その場合、まちガスは正直にそのガス会社の料金が適正であること、別のガス会社に変更する必要はないことをお客様にお伝えします。

前の所有者と同じガス会社からの勧誘に注意

前の所有者と同じガス会社からの勧誘に注意

いざ、新しく安いプロパンガス会社と契約しようとすると、前の所有者と同じガス会社から、

「料金を安くするから契約してほしい」
「給湯器やガスコンロ、エアコンも無償で貸与する」

などの引き止めようとしてくる場合があります。
実際のところ、非常に多いです。

しかし、これも注意してください。

もし、前の所有者と同じガス会社の勧誘に乗って、そのガス会社と契約した場合、安くしてもらったはずのガス料金はその後、徐々に値上げされ、給湯器やガスコンロ、エアコンなどを無償で貸与してもらった分、確実にその分が料金に上乗せされます。

場合によっては長期契約を結ばされ、途中解約の場合、多額の違約金が発生するケースもあります。

このようなトラブルになるケースが多発しています。
くれぐれもご注意ください。

まとめ

中古の戸建住宅を購入し、プロパンガス会社と契約する際、まずはその地域のプロパンガス会社を調べ、料金やサービス内容などを比較検討しましょう。

もし、分からない、手伝ってほしい、困っている場合はお気軽にまちガスにお問い合わせください。

まちガスはお客様が安心してガスをご利用できるように精一杯サポートさせていただきます。