プロパンガス料金を節約するお風呂の使い方

プロパンガス料金を節約するお風呂の使い方

ご家庭でのプロパンガス使用量の75%は給湯が占めています。
つまり、お風呂とシャワーの使い方を工夫することで月々のガス代を大幅に節約することが可能です。

今回はプロパンガス代金を節約するお風呂の使い方についてお話します。

冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

冬場のプロパンガス料金が高くなる理由

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

ガス料金を節約するお風呂の使い方

シャワーの使用量、使用時間を減らす

湯船にお湯を貯めている場合は、シャワーではなくそちらのお湯から使いましょう。
節水シャワーヘッドに交換するのもガス代の節約に繋がります。

湯船に貯める湯量を減らす

必要以上にお湯を貯めないようにしましょう。
湯量を200Lから140Lに減らすだけでも30%の使用量削減になります。

お湯の止め忘れに注意しましょう。
浴槽に自動でお湯を止めてくれる装置が付いてない場合は外付けのものを購入されることをおすすめします。

設定温度を低くする

普段入っている湯船の温度を1度下げるだけでも大きく使用量が異なります。
夏場だけ設定温度を下げることでも、年間で考えれば節約になります。

追い焚きや保温機能の使用時間を減らす

追い焚き機能は冷めたお湯を温めるのに便利ですが、大量のガスが消費されます。
追い焚きを最小限にするために、お風呂が沸いたらすぐ入るようしましょう。

また、お風呂の保温機能もガスを大量に消費するので出来るだけ使わないようにしましょう。
保温機能の代わりに、お風呂保温シートという節約グッズを使用するのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
お風呂やシャワーの使い方を工夫することで、プロパンガス料金の節約が出来ます。
毎月のガス料金にお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

error: Content is protected !!