プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

プロパンガスファンヒーターのガス代節約方法

冬場はプロパンガスファンヒーターなどの暖房器具を使う分、他の季節よりガス代が高くかかってしまいます。
そこで、今回はプロパンガスファンヒーターを使う際にガス代を節約する方法を紹介します。

エコ機能やタイマーを利用する

現在発売されているガスファンヒーターのほとんどにエコ機能という自動で設定温度を調節される機能が付いています。
この機能を使うことで、自動的に20%程度のガス代を節約できます。
もし、エコ機能の付いていない旧式のファンヒーターを使い続けているのであれば、最新の機種に買い換えることでガス代を抑えることができます。

また、タイマー機能を活用して無駄な動作時間を減らすこともガス代の節約に繋がります。

置く場所を工夫し暖房効率を上げる

窓ガラスから入る冷気を少なくするため、ファンヒーターを窓のすぐ前に置くようにしましょう。
こうすることで暖房効果が上がり、結果的に使用するガスの量が少なく済みます。

さらに、温まった部屋の空気を外に逃さないよう、窓ガラスに断熱フィルムを貼ることもガス代の節約に繋がります。

エアコンと併用する

ガスファンヒーターは電源を入れるとすぐに部屋が暖かくなるというメリットがありますが、温度調節機能においてはエアコンに劣ります。
このデメリットを補うため、ファンヒーターとエアコンを併用することでガス代を抑えることができます。

具体的な方法としては、初めはファンヒーターだけを使い部屋の温度を上げ、ある程度部屋が暖かくなったらエアコンに切り替えて室温を維持しましょう。
こうすることで、ガス代をあまりかけずに部屋を快適な温度にできます。
他の暖房機器と併用することで、効率よく節約することが可能です。

ガス温水式床暖房の仕組みとメリット・デメリット

ガス温水式床暖房の仕組みとメリット・デメリット

ガス会社を切り替える

ガス会社の切り替えをするだけで、ガス料金を根本から見直すことができます。

プロパンガスは「自由料金制」のため、ガス会社が自由に料金設定をすることができます。
そのため、プロパンガスの販売店ごとにガス料金が異なります。
そして、同じ地域内でもガス会社が違うだけで、2~3倍もガス料金に差があることも珍しくありません。

また、消費者側も自由にガス会社を選ぶことができるという事実を知らない人も多くいます。

そういうことから、節約をするための努力を続けることが難しいという方はプロパンガス会社の切り替えをすることをオススメします。

ガス会社の切り替えで、毎月のガス料金がおよそ6,000円、年間にすると72,000円ほどお得になったという事例も。
ガス会社の切り替えをする場合は、まちガスへお問い合わせください。
お電話一本で面倒な手続きは不要です。

まとめ

プロパンガスファンヒーターを上手に利用することで、ガス代の節約が出来ます。
冬場のガス代にお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

error: Content is protected !!