プロパンガスと都市ガスの料金の比較

プロパンガスと都市ガスの料金の比較

プロパンガスと都市ガスでは毎月のガス料金にどのくらい違いがあるのでしょうか。

今日はプロパンガスと都市ガスの毎月のガス料金を実際に計算して比較してみます。

【この記事のポイント】
✓ プロパンガスの料金は都市ガスに比べ2~3倍ほど高い
✓ ガスの供給方法や料金システムによって料金に差が出ている
✓ 安いプロパンガス会社へ切り替えをしてガス料金を根本から変える必要がある

プロパンガスと都市ガスの違い

そもそもプロパンガスと都市ガスは違いがあります。
以下でそれぞれどのような違いがあるのかを見てみましょう。

ガスの成分

プロパンガスと都市ガスではガスの成分から違います。

プロパンガスはプロパンやブタンを主成分とするガスです。
LPガスやLPGなどと呼ばれています。

一方で、都市ガスはメタンを主成分とするガスです。

成分による大きな違いは、空気より軽いか重いかです。

プロパンガスは空気より重いため、ガス漏れが発生した際は低い位置にガスが溜まります。
そのため、ガス警報器は足元付近の低い位置に設置されています。

反対に、都市ガスは空気より軽いため、ガスの警報器は頭上の高い位置に設置されています。

料金システム

ガスを契約した際の料金システムも、プロパンガスと都市ガスでは異なります。

プロパンガスは「自由料金制」と言って、プロパンガス販売店がガス料金を自由に設定することができます。
規制料金はなく、同じ地域内でも販売店によってガス代が変わります。

都市ガスは、2017年までは規制料金が決まっており、国で定められた料金で販売されていました。
また、消費者側は地域内で決められた都市ガス会社としか契約できませんでした。

しかし、2017年4月に都市ガスが自由化されたため、料金も各都市ガス会社が自由に決定できるようになりました。
それにより、都市ガス会社ではない新規参入の会社も増え、安いガス会社も現れるようになりました。
とはいえ、まだまだ自由化による価格引き下げが活発とは言い切れません。

プロパンガスは自由料金制である

プロパンガスは自由料金制である

供給方法による違い

供給方法による違いもあります。

プロパンガスは液化されたガスをガスボンベに充填して、そのボンベを各ご家庭や集合住宅に配送し、ガス栓とつないで供給します。

それに対し、都市ガスは地下の配管を通してガスを各家庭に供給しています。

これらの供給方法の違いがプロパンガスと都市ガスの料金に違いをもたらしていることは事実です。
それについてはこの記事の後半で詳しく説明します。

プロパンガスと都市ガスの違いとメリット・デメリット

プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガスと都市ガスの違いを説明しました。
それでは実際にどれほど料金に違いがあるのか、関東エリアでプロパンガスと都市ガスを使用した場合の比較をします。

プロパンガスは石油情報センターが公表している関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)の平均相場価格をもとに計算し、都市ガスは契約者数が最も多い東京ガスの一般契約料金をもとに算出します。

ガス料金の計算方法は一般的な「ガス料金=基本料+従量料金(使用量に応じて変わる)」を用います。
ともに、2020年2月の最新料金表や平均価格をもとに算出します。
また、月のガスの使用量は10㎥と仮定して計算します。

2020年2月のプロパンガス料金(関東エリア平均)
・・・7,185円/月

2020年2月の都市ガス料金(東京ガス、東京地区一般料金)
・・・2,170円/月( = 基本料金 759.00円 + 従量料金 141.12 × 10㎥ )

よって、プロパンガスの料金が都市ガスに比べ3.3倍も高いことがわかりました。
この金額の違いに少々驚かれたかと思います。

※この料金はあくまでも目安です。ガスの使用状況や地域により異なりますので、あくまでも参考としてください。

参考 東京ガス:一般料金

プロパンガスの料金が高い理由

なぜ、プロパンガスの料金は都市ガスよりも高いのでしょうか。

配送コストがかかる

上述したように、プロパンガスはガスボンベを配送して各ご家庭に設置します。

そのため、必然的にプロパンガスの販売員の人件費や配送車のガソリン代などの配送コストがかかります。

さらにプロパンガスの供給エリアは都市よりも地方であることが多く、山奥や土地が広い地域ではその他の地域よりも配送コストが割高になる傾向にあります。

その結果、配送コストがガス料金に上乗せされているため、プロパンガスの料金が高くなってしまうのです。

ただし、導入や設置などの初期費用はかからない場合が多いことはメリットと言えます。

一方で都市ガスは、ガスを供給するためのガス管を引く工事費用などの初期費用は高額になりますが、一度引いてしまえばその後のランニングコストは少なくなります。

都市ガスの場合は、ガス管にガスを通すだけで各家庭へガスを供給することができるため、プロパンガスのような人件費は基本的にかかりません。

プロパンガスの配送される仕組み

プロパンガスが配送される仕組み

人件費が割高

また、プロパンガスを配送したり設置したり、定期的な点検をしたりと多くの人件コストが販売店にはかかります。
プロパンガス会社はそういったコストも販売価格に加えなければ採算が合いません。
さらに利益を上乗せして販売価格が決定されるので、それに伴い価格が高くなります。

プロパンガス自体が都市ガスよりも高い

そもそもプロパンガスの料金自体が都市ガスに比べ高いです。

プロパンガスはほとんどが輸入されているため、輸入にかかるコストや配送コスト、人件費、利益を上乗せして販売されています。
また、自由な金額設定が販売店ごとに可能なので、同じ地域内でも料金がばらばらで、2~3倍も差があることもしばしばあります。

プロパンガス料金が都市ガスよりも高い本当の理由5つ

プロパンガス料金が都市ガスよりも高い本当の理由5つ

安いプロパンガス会社を探す方法

上述したとおり、プロパンガスは各ガス会社が自由に価格を設定しているため、ガス代自体が高額に設定されている可能性もあります。
また、プロパンガスのガス料金の開示は義務でないため、料金がホームページなどに掲載されていない場合が多いです。
それでも、少しでも安くガス代を抑えたいですよね。

実は、消費者側もプロパンガス販売店を自由に選ぶことができます。

そして、今より安いプロパンガス会社も必ず見つかります。

まずは、お住まいの地域のプロパンガス料金の相場を確認してみましょう。
石油情報センターなどで調べることができます。

その後、「プロパンガス (エリア名)」などで検索して、出てきたいくつかのプロパンガス会社へ見積もりを取りましょう。
見積もりをとった後は、契約内容などをしっかり確認し、慎重に比較検討して契約しましょう。

それでも自分で探すのは面倒だと感じたり、時間が取れなかったりすることもあると思います。

そんなときは、まちガスへご連絡ください。
お住いの地域のプロパンガス価格の相場確認から、販売店への見積り、申込みから手続きまで一貫してサポートを行います。
まちガスを利用することで、無料で簡単に優良なプロパンガス会社を探すことができます。

信頼できるプロパンガス会社を選ぶコツ

信頼できるプロパンガス会社を選ぶ4つのコツ

まとめ

いかがでしたか?

今日はプロパンガスと都市ガスでどのくらい料金が違うかを比較してみました。

使用量や家庭環境により異なりますが、関東エリアではプロパンガスは都市ガスよりもガス代が高いことがわかりました。
これには、プロパンガスは料金が決定する仕組みが関係しています。

少しでもプロパンガスの料金を安くするためには、契約する消費者である我々が良い販売店を選ぶ必要があります。
まちガスが紹介するプロパンガス会社は、厳選した信頼できる会社のみです。
プロパンガス会社の変更をご希望の方は、まずはお気軽にご相談ください。

【まちガス】
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。
error: Content is protected !!