プロパンガスと都市ガスの見分け方

プロパンガスと都市ガスの見分け方

日常生活では欠かせないガスにはプロパンガスと都市ガスの2種類があります。
それぞれに違いがあり、使用するガス機器も異なります。

今日はプロパンガスと都市ガスの見分け方について説明します。
引っ越しして、新しい家にはどちらが使われているのかを確認する際などに役立ててください。

プロパンガスと都市ガスの違いと料金差について

プロパンガスと都市ガスの違いと料金差について

プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスにはいくつか違いがあります。
以下でそれぞれどのような違いがあるのかを見てみましょう。

ガスの成分による違い

プロパンガスと都市ガスではガスの成分から違います。

プロパンガスはプロパンやブタンを主成分とするガスです。
LPガスやLPGなどと呼ばれています。

一方で、都市ガスはメタンを主成分とするガスです。

成分による大きな違いは、空気より軽いか重いかです。

料金システムの違い

ガスを契約した際の料金システムも、プロパンガスと都市ガスでは異なります。

プロパンガスは「自由料金制」と言って、プロパンガス販売店がガス料金を自由に設定することができます。
規制料金はなく、同じ地域内でも販売店によってガス料金が異なります。

一方で都市ガスは、2017年までは規制料金が決まっており、国で定められた料金で販売されていました。
また、消費者側は住んでいる地域内で決められた都市ガス会社としか契約できませんでした。

しかし、2017年4月に都市ガスも自由化されたため、料金も各都市ガス会社が自由に決定できるようになりました。

プロパンガスは自由料金制である

プロパンガスは自由料金制である

供給方法による違い

供給方法による違いもあります。

プロパンガスは液化されたガスをガスボンベに充填して、そのボンベを各ご家庭や集合住宅に配送し、ガス栓とつないで供給します。

それに対し、都市ガスは地下の配管を通ってガスを各家庭に供給しています。

プロパンガスの配送される仕組み

プロパンガスが配送される仕組み

ガス機器の違い

プロパンガスと都市ガスでは使用できるガス機器も違います。

引っ越しなどで、プロパンガスから都市ガスまたは都市ガスからプロパンガスへ切り替わる際は、ガス機器も変更や買い替えが必要になります。

ガスの見分け方

それでは、プロパンガスと都市ガスの見分ける方法をご紹介します。

ガスコンロ

一番簡単な方法として、ガスコンロで見分けることができます。

ガスコンロの側面やコンロの電池ボックス付近に、以下のようなものが記載されていれば見分けることができます。

LPガス、LPG・・・プロパンガス
天然ガス、12A、13A・・・都市ガス

「プロパンガス用」「都市ガス用」というシールが貼ってある場合もあります。

ガスコンロを誤って使用してしまうと、一酸化炭素中毒やガス漏れによる火災などのリスクが高まるので、必ずガスの種類に合ったガス機器を使用しましょう。

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

【注意】プロパンガスと都市ガスではコンロの種類が違います

警報器の位置

キッチンにあるガスの警報器の位置でも見分けることができます。

床下から30cm付近に警報器があればプロパンガスです。
反対に、天井から30cm下に警報器があれば都市ガスと判別することができます。

プロパンガスは空気より重いため、ガス漏れが発生した際は低い位置にガスが溜まります。
反対に、都市ガスは空気より軽いため、ガスの警報器は頭上の高い位置に設置されています。

ガスボンベ

建物の周りにガスボンベが設置されていれば、プロパンガスです。

上述したように、都市ガスは地下の配管を通ってガスを供給しているため、地上にはガスボンベのようなものはありません。

プロパンガスボンベのサイズや種類について

プロパンガスボンベのサイズや種類について

まとめ

いかがでしたか?

今日はプロパンガスと都市ガスの見分け方を紹介しました。
引っ越しの際には、間違ったガス機器を使用してしまわないよう、ガスの見分け方を参考に確認しましょう。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!