プロパンガスの給湯器について

プロパンガスの給湯器について

給湯器はスイッチひとつでお湯を沸かすことができる優れものです。
今ではほとんどの家庭には導入されていて、普段の生活に欠かせないものとなっています。

今日はそんな給湯器について解説していきます。

給湯器について

給湯器とは、電気やガスなどのエネルギー(熱源)を用いてお湯を沸かすものです。

給湯器(きゅうとうき、英: hot water dispenser)とは水を湯に変えて供給する器具のことである。湯沸かし器(ゆわかしき、英: Boiler)、温水器(おんすいき、英: Water boiler)ともいう。

Wikipediaより引用:給湯器

戸建住宅では建物の側面に設置されていたり、集合住宅の場合は玄関のドアの横やベランダなどに設置されていたりすることが多いです。

給湯器の種類

給湯器には熱源によって、その種類が分かれています。
大きく電気、ガス、石油を熱源とした給湯器があります。

電気給湯器

電気給湯器は電気を利用してお湯を沸かすため、空気を汚すことなくクリーンに利用できます。
「エコキュート」が代表的です。
お湯をタンクに貯めておく「貯湯式」による方法です。

熱源:電気

電気ヒーターでお湯を沸かす温水器式、大気熱を利用してお湯を沸かすヒートポンプ式と呼ばれるシステムがあります。

特徴

夜間にお湯を作り出すため、電気料金を抑えられる
・CO2の排出がない
タンクにお湯を貯めておく
タンク用のスペースが必要
・ヒートポンプ式のほうが電気代が安い

エコキュートを使うメリットとデメリット

エコキュートを使うメリットとデメリット

ガス給湯器

3つの給湯器の種類の中で、ガス給湯器が最も普及しています。
「エコジョーズ」「エネファーム」が最近では流行っています。

熱源:ガス

熱源となるガスには、プロパンガスと都市ガスの両方があります。

特徴

お湯がすぐにできる(瞬間式)
・設置するスペースが小さく済む

プロパンガスでエネファームを利用するメリットとデメリットについて

プロパンガスでエネファームを利用するメリットとデメリットについて

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

エコジョーズでプロパンガス料金を節約しましょう

石油給湯器

石油給湯器は他の給湯器よりも燃焼力が強く、燃費も良いです。
「エコフィール」が有名で、多くは北海道や東北地方で利用されています。
灯油を利用するので、タンクスペースの確保が必要なことと、タンクへの給油の手間がかかります。

熱源:石油

一般のご家庭では灯油が使用されますが、業務用では重油ボイラーなどが使われます。

特徴

・すぐにお湯が沸く(瞬間式)
・灯油タンクのためのスペースが必要
・灯油タンクへの給油に手間がかかる

プロパンガス給湯器を1ヶ月使用した場合の料金

プロパンガスで給湯器を使用した場合、1ヶ月でどれほどのガス料金になるか見てみましょう。
ここでは4人家族で使用することとし、生活の中で最もガスを使用するシャワーとお風呂で計算をしてみます。
プロパンガスの給湯器としてエコジョーズを使用します。

まずは、1ヶ月で使用する水の量を計算します。
シャワーの場合、一人あたり5分ほど利用した際の水の量は50L前後です。

毎日使用すると、1ヶ月では以下の水の量になります。
50L × 4人 × 30日=6000L/月

湯船にお湯を貯める場合、1~2人用のサイズの湯船には200Lの水が必要です。
1ヶ月で毎日湯船にお湯をためた場合、必要な水の量は以下になります。
200L × 30日 = 6000L/月

シャワーとお風呂で1ヶ月に合計12000Lの水の量が必要です。

次に、お湯を沸かすためにどれほどのガスを使用するか計算します。
水温を15℃から40℃まで上げる前提で計算すると、12000Lの水をお湯にするのに必要な熱量は以下になります。
12000L×(40℃-15℃)×1kcal=300,000kcal
*1Lの水を1℃上げるために必要な熱量は1kcal

プロパンガスの熱量は24,000kcal/㎥なので、12000Lの水を沸かすために必要なプロパンガスの量は以下のようになります。
300,000kcal ÷ 24,000=12.5㎥

1ヶ月あたり、毎日シャワーとお風呂を使用すると12.5㎥のプロパンガスを使用します。

エコジョーズを使用すると、エネルギー変換効率が95%になるため
12.5㎥ ÷ 95% = 13.157… ≒ 13.2㎥
1ヶ月の給湯器を使ったプロパンガス使用量は13.2㎥となります。

プロパンガスの従量単価を500円/㎥とすると、
13.2㎥ × 500円 = 6,600円

給湯器を使用してお風呂とシャワーを利用すると、1ヶ月あたり6,600円となります。

プロパンガスの場合は上記の使用量に応じた料金に加え、基本料金がかかります。
また、季節や地域、ご家庭状況、ガス販売店により料金は変動するので、あくまでも目安として参考にしてください。

プロパンガスは自由料金制である

プロパンガスは自由料金制である

プロパンガス料金の計算方法

プロパンガス料金の計算方法

毎月のガス代を節約する方法

プロアンガスで給湯器を使った場合に、1ヶ月あたりにかかる費用を計算しました。

ここからは、少しでもガス代を節約するための方法を紹介します。

シャワーの使用量、使用時間を減らす

湯船にお湯を貯めている場合は、シャワーではなくそちらのお湯から使いましょう。
節水シャワーヘッドに交換するのもガス代の節約に繋がります。

湯船に貯める湯量を減らす

必要以上にお湯を貯めないようにしましょう。
湯量を200Lから140Lに減らすだけでも30%の使用量削減になります。

給湯器には、自動で湯量を調整する機能のついたものもあります。
事前に湯量を少なくするように設定しておきましょう。

設定温度を低くする

普段入っている湯船の温度を1度下げるだけでも大きく使用量が異なります。
夏場だけ設定温度を下げることでも、年間で考えれば節約になります。

追い焚きや保温機能の使用時間を減らす

追い焚き機能は冷めたお湯を温めるのに便利ですが、大量のガスが消費されます。
追い焚きを最小限にするために、お風呂が沸いたらすぐ入るようしましょう。
もし、お風呂が沸いてもすぐに入らない場合は、給湯スイッチを切るなどしておきましょう。

また、お風呂の保温機能もガスを大量に消費するので出来るだけ使わないようにしましょう。
保温機能の代わりに、お風呂保温シートという節約グッズを使用するのも良いでしょう。

プロパンガス会社を変更する

究極の節約方法は、毎月のガス料金を見直すことです。
プロパンガス会社の変更でガスの料金単価を下げることができます。

販売店により、毎月のガス料金も料金システムもバラバラです。
同じ地域内でも販売店が違うことで2~3倍の料金の差があることもあります。

ガス料金があまりにも高いと感じる場合は、すぐにガス会社の変更をしましょう。
まちガスではガス会社変更のサポートが無料でできます。

プロパンガス料金の節約術18選

プロパンガス料金の節約術18選

プロパンガス料金を節約するお風呂の使い方

プロパンガス料金を節約するお風呂の使い方

まとめ

いかがでしたか?

今日は給湯器の特徴の説明やプロパンガスで給湯器を使用した場合のガス料金を計算してみました。

給湯器は今や導入必須の設備となっています。
普段から給湯器を使用している方は、毎月のガス料金にも注目してみましょう。

ガス代が高いなと感じたら、すぐにまちガスにご連絡ください。
すぐにできるガス代節約の方法や複数のガス会社を紹介できます。
もちろん、ご相談は無料です。

【まちガス】
URL : https://machi-gas.com/
TEL : 0120-984-667(フリーダイヤル)
営業時間 : 9:00~19:00(年中無休)
※ 対象者様:戸建所有者 / 物件オーナー / 店舗 / 事務所
※ 集合住宅や賃貸の方は、必ず大家様の許可を得てお問い合わせ下さい。
※ 料金のお支払やガスの開栓閉栓は、ご契約のガス屋さんにご依頼下さい。

error: Content is protected !!